#余計なお世話 #フィッシュグリップ貫通対策

この度の豪雨災害により、被害に遭われた方お見舞い申し上げます。

ここ長崎市でも一部地域で、土砂災害警戒情報が出たり、大雨特別警報が出たりと凄い雨でしたが、大きな被害が出たところは無かったようです。

ところで、チヌ王決定戦第2戦nadaカップ参戦された方お疲れ様でした。

第1戦はリミット達成できずに終わりましたが、今回はリミット達成できたし、入替えもでき自分の中では良い出来でした。(サイズも順位も大したことないですが・・・。)


第1戦の時からですが、今年は大村湾の西岸でチヌの姿が例年よりも少なく、ポイント選定に苦労しています。

釣り場で出会うエサ釣りの人たちと話していても、「チヌおらんね~」が返ってきます。

今回は私がフィッシュグリップを使う際に、実践していること紹介したいと思います。

私はウェーディングをしませんし、1m近いような魚を釣ることもありませんので、フィッシュグリップは立派なものは使っていません。釣具ポイントさんのプライベートブランドの商品を使っています。

・・・で、フィッシュグリップを使用する際、私が気になるのが【フィッシュグリップ貫通】問題です。

78g6y4abdovixzvk6jf3_480_480-a0a4fbab.jpg
上の画像は、ボトムワインドで釣ったのですが、短いワームを使っていたこともあってリグを吸い込まれて口の中にフッキングしており、フィッシュグリップで下顎を掴んで、針を外そうとしているうちに、フィッシュグリップで貫通させてしまったものです。

リリース後、写真を確認しているときに気が付いたのですが、何とも後味の悪い気持ちになってしまいました。

せっかく凄腕期間中にキーパーサイズが釣れたのに、全然嬉しくありませんでした。

それまでも、フィッシュグリップで貫通させないように気を付けているつもりでしたが、少しでも【フィッシュグリップ貫通】の発生を抑えられないかと、ネットで調べてみました。

「フィッシュグリップ 貫通」、「フィッシュグリップ 魚にやさしい」等で検索してみると、爪の先端が丸くなった物や、樹脂製で幅の広いグリップ等の商品がありましたが、自分の手持ちのフィッシュグリップで改良できることは無いかとさらに調べると、「爪の部分に熱収縮チューブでカバーを付ける」等、工夫されている方がいらっしゃいました。

そんな中、自分が見つけたのが、「100円ショップの耳栓を利用して、爪の部分にカバーを付ける」というインスタグラムの投稿でした。

「おー、これなら費用も安いし、ダメならやり直せる」ということで、早速100円ショップダイソーで耳栓を購入。

こういうタイプの耳栓です。

yh34mn9njdhymnxcho48_480_480-3adbcb93.jpg

・・・で、これをこのように切って、

ydbj4gd7m4v4h5p7ek45_480_480-70c47d1c.jpg

フィッシュグリップの爪を差し込みます。

・・・するとこうなります。


r24rkf6dc9pfy7fm76hc_480_480-e28dd44a.jpg

初めは、参考にさせていただいた方(おそらくゴールデンミーンのフィッシュグリップだと思われます)と同じように、両方の爪に切った耳栓を取り付けたのですが、爪の形状の違いからか、私のフィッシュグリップの挟む力が弱いためか下顎を掴んで、ランディングネットから魚を持ち上げようとすると、滑って上手くいかないので、魚の口の中にかかる側の爪はカバーを付けないで、下顎の外側に当たる爪にだけカバーを付けると上手く魚を持ち上げることが出来ました。

(私が参考にさせていただいた方は、熱収縮チューブも使って格好よく仕上げていらっしゃいましたが、面倒くさがりの私はそのまま使っています。)

いちおう今のところ45cmのチヌは問題なく持ち上げられていますし、私が確認できる範囲では【フィッシュグリップ貫通】は発生していません。

(それ以上のサイズのチヌや、スズキクラスのシーバス等だと釣ったことが無いのでわかりませんが・・・。)

kzoc9k7hzrsoezpusbgk_480_480-2c42ebe4.jpg


m4fvwfx657urv8c7zdrk_480_480-bab7b8d3.jpg


と言うことで、エサだと思って食いついたら、針を刺されて空気中に引っ張り上げられる魚からしたら、【フィッシュグリップ貫通】なんか気にするより、釣りやめてくれよって話でしょうが、釣れた魚をリリースする以上は少しでもダメージを少なくすることは大事かなと思います。

その他に心がけていることは・・・

ウェーディングであれば、魚を水中から出さないで、フックを外したり写真を撮ったり出来ると思いますが、オカッパリオンリーの私は、魚をネットに入れて水中から出す前に、メジャーを広げたり、キーアイテムを置いたり出来るだけの準備をして、水中に出すようには心がけています。(状況によってはできない場合もあるとは思いますが。)


今後はフックのバーブレス化に取り組んでいこうと思います!

(バーブレスのフックがあまり売っていないので、自分でかえしをつぶす必要あるけど、プライヤーで潰すのと、フックシャープナーで削ってしまうのとどっちがいいのかな?)


以上、魚にも釣りをする方々にとっても、余計なお世話だと思いますが、私が気を付けていることを紹介してみました。

この記事のカテゴリーは何かなー?

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!