プロフィール

ぐっち~

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/1 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:8
  • 昨日のアクセス:42
  • 総アクセス数:42163

QRコード

Last moment

年度末から新年度にかけては、毎年目が回るほど忙しい毎日ですが、
今年は、それに輪をかけて、バタバタでした(汗)
ある意味、あっという間に過ぎ去って、充実はしていたかもしれません。
 
前回自分が更新したブログを改めて確認すると、
「あ~、この頃から更新してなかったんや~」っと気づく。
 
そういえば、3月上旬に釣行したエリアに、二匹目のドジョウを狙って、
今度は車で行ったな~。
釣友が直前にインフルにかかり、単独でのロングドライブになってしまいました(苦笑)
宿場町の寂れた宿に泊まり、2日間頑張りましたが、
ご覧のように、射程圏内にイルカの群れが次々と回遊してくるなど、
全くの空振りに終わりました。

oxxjmrc4dwxkdcj9iywn_480_480-499c47d6.jpg
2abvfhg649fvid6m3kwa_480_480-beb38ef9.jpg

その翌週かな。南紀の河口では、久々にヒラスズキをキャッチ♪

dhi4sfxtey9d7xxskfiy_480_480-01084ee9.jpg
そして、4月第2週に入り、ようやく落ち着いてきたというか、
なんとか時間を作って、今シーズン初の離島遠征に行ってきました♪
 
春は天候が安定せず、出船すらできない事が多いのですが、
日頃の行いのご褒美なのか、同行者との相性が良いのか、
天候にも恵まれて、上礁する事ができました。
 
ただ、石鯛シーズンのスタート時期ということもあり、
多くの底物師がすでに上がっている状況で、
とにかくバタバタと指示されるがまま磯に上がる。
 
夜が明けてきて、周辺の地形を確認すると、水道の浅い側の磯で、かなり潮流が速い。
っというか、あまりにも速すぎて、釣りしづらい状況。。。
 
気配も無く、磯替え。
 
渡り鳥の糞まみれの磯に立ち、投げ続けるも魚がいるのか疑いたくなるほど、
全く魚っ気がなく、ベイトもいない状況。
この頃から気温が20℃台にグンっと上がり、汗ばむ陽気に。
 
寝不足もあり、Cさんと二人そろって爆睡。
 
夕方に、風向きが変わり荒れてくるとの事で、先手先手と磯替え。
 
日が沈むにつれ、爆風になってくる。
 
クエタックルをセットすると、穂先が風でビュンビュンと揺れる。
 
日没近くまでルアーを投げることにして、無心でキャストし続けていると、
 
ダイペンの後ろに、どでかい波紋が!
 
巨大な何かが襲い掛かってくるが、ミスバイト!
 
誘いをかけてみると、また喰ってきた。
 
今まで経験した事がないほど、ロッドが絞り込まれて、
体全体が持っていかれそうになる。
必死に踏ん張り、竿を起こそうとするが、
絞めていたドラグがギャンギャンと笑うほど出ていく。
 
ちなみにタックルはミュートスACCURA 100HH
ステラSW18000HG パワードラグスプールに6号、
スペーサー15号、リーダー50号フロロです。
 
根に到達させない事が勝負どころと分かっているが、ラインはかなり出されてしまう。
幸いラインが擦れている感触は無いが、
魚が根にルアーをぶつけて、必死にフックを外そうとしているのが伝わってくる。
危険を回避し、生き抜いてきたモンスターは想像以上に賢い。
 
魚が動く度にルアーが根にガツガツ当たり、次第に根の重みが加わっていき、
最後はうまくフックを外されてしまった。
リーダーやラインはほぼ無傷であった事を思うと、残念すぎる。。。
まだまだ、お前には早いと言われているような気持ち。
 
気を取り直して、ナイトゲームに突入!
根がかり連発で、仕掛けがどんどん無くなってしまい、しばし休憩してると、
Cさんがグッドサイズのアラをキャッチ!
 
一方の僕は根がかり連発をさらに連発し、仕掛けが底をついたので、あえなく終了・・・
 
次第に雨も降ってきて朝方は本格的な雨のち、濃霧。

icptyusfhhwc8tugscch_480_480-2f609569.jpg

 
納竿時間が迫るが、いっこうに海からの反応はない。
いかにも、不安定な春の海だ。
 
あと5分と決めて、3分経過し、残り2分を切った時、
 
ダイペンの後ろでモワッっと出たような。出てないような。
疑心暗鬼で、同じラインを通すと、バシャっと出たが乗らない。
ラストキャストと思い、丁寧に通すと、待望のバイト!
 
これは逃すわけにいかないっと、グリグリに寄せてきて、
待望の魚だけにプレッシャがかかるギャフ入れをCさんにお願いし、無事キャッチ。

73gndv34phnoxj427y36_480_480-783f1690.jpg

 
確かに、遥かに貴重な1本ではありますが、
先のモンスターに比べたら、正直なところ小学生サイズ程度に感じてしまいました。

8yhswu9yh939856ac9cr_480_480-ca492f46.jpg

それでも、ご褒美なんだと感じれる嬉しい1本でした。

コメントを見る

ぐっち~さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ