スプリット系のお話、使用例その2。

no6ge5jwhd27owp7s2kb_920_690-64a7f537.jpg
おこんばんは(^ ^)

昨日のしょんぼりおっさんから、
一晩寝て、
開き直ったおっさんに戻りましたm(_ _)m

ご心配をしていただいた皆さん、
ありがとうございましたm(_ _)m



さて、前回その1で、スプリット系の使用例をいくつかあげさせていただきました。

前回も書きましたが、
気まぐれなアジの状態によっては、
全て当てはまるわけではありませんので、
そんなこともあんねんな、
ぐらいで聞いてくださいね(^ ^)

キャロのウェイトに関わらず、
アジはほとんど、
誘いのアクション後のフォールに反応してバイトしてきます。

しかし、その時々でアジが反応するフォールが変化してきます。

そこで、前回お話した3つのロッド操作で、
フォールタイプを変化させるわけですが、
一つずつ試していたのでは時間がかかって効率が悪いのです。

ですので、誘いのトゥイッチをした後に、3つを同時に行って、反応するフォールを探してしまう方法があります。

具体的にどうするかというと、
トゥイッチを入れた後、3つを連続で行います(笑)

トゥイッチ後、
ロッド角度を保持したままカーブフォールから、
ロッドをゆっくり上げていき水平方向のテンションフォール、
アワセ用の角度を残して、
上まで振り上げたロッドを下げてきて、スピードフォール。

これで1セットです。

アタリがなければ、またトゥイッチから〜という手順です。

アジがどのフォールで反応するか分かったら、そのフォールのロッド操作を重点的にすればよいわけです。

DVDアジングアカデミー2で、
僕がスプリット、キャロ用のトゥイッチとJH用のトゥイッチの違いを解説しております。

JHよりも強めにトゥイッチを入れないと、
JH、ワームまでアクションが伝わりませんので、かなり強めに弾いてくださいね!

強めに弾くつながりで、
ハイピッチ2段ジャークでのリアクションキャロもDVDに収録されており、釣り方も解説しております。

実際に映像を見ていただかないと、
どんなアクションで釣っているのか分からないと思いますので、
ぜひお買い上げくださいませm(_ _)m

激しく早いシャクリばかりが目を引くとは思いますが、
キモはそこではないのです。

激しいシャクリは、
ファーストフォールで集まってきたけれど、
口を使わないアジの視界からJHを瞬間的に消して、
狩猟心を誘うためであって、食わせではありません。

成立させるために大事なのは、食わせるためのフォール。

視界から上方に瞬間的に跳ね上げて見えなくしたJHワームを、
アジの頭上からフォールさせてきて、
リアクションバイトさせるためのフォールスピードや、無防備さ加減なのです。

捕食者は、
隠れるモノに興味を示し、
再度見つけた時に、無防備な態度だと、
すかさずバイトしてきます。

これは猫と猫じゃらしで遊んでみるとよく理解できるはずです(^ ^)

その無防備さ加減を演出するためにウェイト選択が大事なのです。

スプリット0.6gから2.5g、
キャロ0.3号から、深い場所では1.5号まで使用して、
アジが反応しやすいフォールスピードを探します。
4yos8f34nbj2vs2iew88_920_375-34ed00fc.jpg

awzo6dktckdxfprffsyr_690_920-c72f6d98.jpg
僕の経験では、山口ではキャロ0.6号、0.8号が、
知多では0.3号、0.5号が、
ハイピッチ2段ジャークでのリアクションキャロに向くと思います。

ウェイトがバッチリ合うと、爆発的に入れ食います。

どのウェイトが効くかは、
その時々のアジの状態次第。

これは忘れないようにしてください。

まだ全然話し足りないですが、
長くなってしまったので、
今回はここまでにします。

また、ちょいちょいスプリットの話しは書いていきますね(^ ^)

ネタ画像
iy6t2yo7izfs2oaws3go_920_690-f875f96f.jpg

サミー



iPhoneからの投稿

コメントを見る

雨好き仙人サミーさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!