プロフィール

U

北海道

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/11 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

検索

:

ジャンル

アーカイブ

最新のコメント

コメントはありません。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:3
  • 総アクセス数:489

QRコード

北海道上陸後2年目のサクラマス

  • ジャンル:釣行記
はじめましてUです。

昨年4月に北海道道南地方に移住してきました。
北海道での生活も安定してきたので、北海道の刺激的な釣りを記録として残していきたいと思い書き留め始めました。


北海道といえば、


「サクラマス」


道南では1~6月がシーズンとなります。


昨年初めてのサクラマスシーズンを迎えました。
初めてのシーズンはバラシの連続。
口や身の切れやすさと、激しく暴れる引きになれるまで相当苦労しました…


初のシーズンではシーズン最後の最後に一本キャッチすることができました。(これはまた別の釣りログで)





今回はそんなサクラマスの2シーズン目の学びを記録していこうかと思います。


まずは1月編。



例年サクラマスシーズンはクリスマス前後から始まるそうです。


私が今年初めて向かったのは1月の8日。

北海道での冬の釣りは初でした。

極寒の-10度は平気で下回ります。


相当な防寒をしてなんとか普通に釣りをする分には耐えられます。


ただ2時間、3時間と釣りをしていると、自分が雪だるまになってきます。


初めほぼ動かず釣りをしていたら、膝上くらいまでの雪の壁ができていて、驚きでした笑



リールも凍り、ラインローラーも1投ごとに息を吹きかけ氷を飛ばさないとどんどん凍っていきます。

魚と闘う前にまずは北海道の気候との闘いでした。

そんな中北海道が地元の方たちは平気で釣りをしています。



サクラマス釣りでメジャーなプラグは
Jackson AthleteやDuoのTide minnow Lance
(rink)

しかし、自分は捻くれていたのであまりメジャーなもので釣っても嬉しくないなということで、自分が最も好きなメーカーである

「BlueBlue Fishing」さん

のプラグ、ジグに限定してサクラマスシーズンを始めました。


主な使用プラグ、ジグは
・Blooowin 125F 140S 140J
・Scarnash 120F 140F
・FALTEN30g
・FRID90S 125S
です。


今シーズンはブルーブルーマスコンが開かれたため、より一層気合が入りました。


宮城のシーバスと北海道のサクラマスを経験している自分にとっての印象として、釣り環境面でシビアなのはサクラマス、技術面でシビアなのはシーバスだと思っています。

もちろんサクラマスもベイトの種類やサイズ、海の状態など様々な条件がありますが、シーバスほどシビアではありません。

またサクラマスは流す釣りではなく、どんどんアピールしていく釣りなので、釣り方も割と定まっています。

だからこそ来シーズンからは新しい釣り方を開発していきたいところですが…


2年目の今シーズンは激渋のシーズンでした。
強い寒波により海水温が例年より低くなり、異常現象も北海道各地で起こっていました。

その影響は強く、今年のシーズン序盤〜終盤まで小型のサクラマスがほとんど接岸しませんでした。

それにより個体数は相当少なく、全体の釣果も昨年の1/10ほどと聞きました。


そんな厳しいシーズン。しかも自分で縛りをつけたので相当ハードでしたが、なんとか5本のサクラマス(うち良型4本)をキャッチすることができました。

次回の投稿からはそのサクラマスたちを一本ずつ記録していこうと思います。

コメントを見る