食いが浅いアフターシーバスを狙う

  • ジャンル:釣行記
私の地域の河川にも、すこし前からアフターシーバスの釣果が出てきました。もちろん、河川ですので居着き個体も含みます。


ハイシーズンと比べても魚はショートバイト、決して魚はアクティブではない。スローな展開を意識してのゲームとなる。


~上げ2時間からエントリー


河川中流、上げが入り、濁りが入ってくる。明暗に潜むシーバスが補食スイッチが入るはず。


まずは、サスペンスミノーを流れに同調させ、ギリギリ泳ぐ速度で明暗へとさしてゆく。


こういう展開ではサスペンスに近い浮力のミノーが重宝する。


漂わせるイメージで、いかにも食べやすいベイトを演出。


ゴン…



ゴン…


明らかな『アタリ』はあるが、中々フックアップしない。


シーバスはいる、が、食いが渋い。



数回同じパターンで通すと、、、



x9nhk88nnhughipg68zo_480_480-cdeee6da.jpg



やっとフッキング!



レギュラーサイズだけど、この時期の魚は格別嬉しいものがあります。



続けてヒット。


wr3ssptmi39jsvswj6d6_480_480-0214d15d.jpg


やはり、食いが浅い。ついばむようなアタリ。


試しに、ルアーの巻きを早めてみたり、ジャークを入れてみたりと試しましたが、反応しなくなります。


食い気はあれど、やる気は無いみたいです。(笑)



やはり、漂わせる様に流すと反応してくれます。


fff92p98axwgkwgft4n3_480_480-bd682796.jpg


ハイシーズンでも、時にこの流し方でしか反応しなかったりしますので、スローシンキング~サスペンスミノーは常にルアーセレクトに入っています。


ストロングな釣りもいいですが、


こういった渋い魚を狙う釣りも、なかなかの醍醐味があります◎




ロッド : エクスセンス GENOS  S97MH/F Dark Force 97
リール : 20 ツインパワー C3000XG
ライン : PE 1号
リーダー : フロロカーボン 20ld
ルアー : エリー95SD、UK SPIN

コメントを見る

登録ライター