河川上流、雨天の釣り

  • カテゴリー:釣行記
夜の雨天は危険性がありますので、普段は釣りには行きません。


ですが、どうしても気になる事が。


雨の後はよく釣りに行きますが、雨の最中はどうなのだろうか、と。


深夜、そこそこの雨量でしたが、足場の良い安全なポイントに絞り釣りに行きました。




ポイントに到着。


水質は雨後と比べ「濁り始め」な色合い。

濁りすぎず、いい雰囲気だ。

そして増水による流れ、雨音によるプレッシャーの軽減、釣れる要素が見込まれる。


早速、橋脚明暗をミノーで流してみる。


が、不発。 

いつもなら、「暗部」にルアーを差し込めば、バイトがありそうなものだが…。


レンジを下げ、バイブレーションにも無反応。まぁ、こんなタイミングで魚が沈んでるとも思えない。


では、魚は何処へ…


今度は思いっきりルアーを流し、「暗部」へ流し込んでみる。


ググッ


tv5jyr7vprggfwh6pm2e_480_480-494a8484.jpg


流し込んで、すぐにヒット。


食い気はありそうな感じ。しかし、明暗の境ではない…。


考えを変え、明暗から少し離れた、「暗部」を狙ってみる…


と、



gzded5irsfrwbvnxktyt_480_480-afa63479.jpg

h5isriduwnkftmbz72d8_480_480-db2f1a8d.jpg


連発。


やっぱりいつもとパターンが違う。


「明暗」は鉄板ポイントだけど、今日は暗部に散らばっている様だ。


思うに、


「流れの速さ」「ほどよい濁り」雨の条件で、ベイトが「明部」に寄っては来るが、止まっていられない状況で、シーバスはわざわざ明暗際で待ち構えなくても少し離れた暗闇で、楽に捕食出来てるのではないか、と。


その推測が正解かはわからないが、

釣果が出せている事は事実。


やっぱり来てよかった。。


釣りの奥深さを実感、再確認できた。



この後、しばらく釣れつづけたが雨が強くなってきたので納竿としました。






が、時既に遅し。

ずぶ濡れになりました(笑)


では。



ロッド : ルナミス S90ML
リール : 20 ツインパワー C3000XG
ライン : PE 1号
リーダー : フロロ 20ld
ルアー : ビーフリーズ78S

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

広島河川始まってます
3 時間前
こいのぼりさん

10月21日釣行。
2 日前
BlueTrainさん

ビッグベイトとDCリールの関係性
2 日前
柳竿 シンゴさん

邪道チニング(爆)
3 日前
rattleheadさん

上からレンジを刻むヒラメ釣り 
5 日前
ケンスケさん

遠くで根魚狙ってみた。オマケ…
6 日前
ワカメマニアさん

自身のスズキ釣りにインパラが…
8 日前
平田孝仁さん

タックル選びの難しさと楽しさ
8 日前
有頂天@さん

一覧へ