プロフィール

りゅう

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:12
  • 総アクセス数:99937

QRコード

ここ数ヶ月での変化

こんばんは。

引っ越してきてから半年が経とうとしています。

茨城県というと利根川、涸沼、那珂川とシーバスをかじった程度の私でも知っているくらいメジャーなフィールドがある。

ベイトタックルを導入し、少しずつ慣れてきたタイミングでもあり、強烈な憧れを感じていたが、思い切って引っ越した。笑

釣りに行けるようになったのは9月あたりかな?

シーバスハイシーズンと言われる時期です。

ド派手な涸沼デビュー予定でしたが、今までの釣りが全くハマらず、しばらく苦戦した。

それからは涸沼川や那珂川を行ったり来たりして少しずつ釣果も出て目標のランカーシーバスもキャッチ。

苦手意識が焼き付いた涸沼本湖でも数は釣れるようになった。

そしてSNSでとある人物と知り合う。

ベイトタックル、フィッシュマンユーザーというのが大きなキッカケになったかな。

この友人と一緒に行くようになってから情報量は倍になり、魚との距離もグッと縮まった。

お互いの釣りを見て、お互いのスキルアップに繋がったと思う。少なくとも私は上がった。

そして彼の影響でウェーディングデビューを果たす。

ウェーディングというと危険を伴う敷居が高い釣りのイメージで同伴者無しでは始める予定はなかった。

しかし彼と出会えた事でレクチャーしてもらいながら少しずつ覚え、今では薮漕ぎで穴が開くほどの立派なシーバスマン!笑

1人での釣行もいいけど、誰かと行くのも釣果を伸ばす術を覚えるキッカケになります。

そして現在はというと河川へシフトしシーズン終盤ながらも逆転のワンチャンスを狙って頑張ってます。

さて、ざっとここ数ヶ月のことを書きましたが大きな変化をまとめたいと思います。

1.ウェーディングデビュー。

2.引き出しの数。

3.キャスト技術。

4.ルアーボックス。

5.精神力。

1.2は書いた通り友人との釣行での影響。

3に関しては単純に釣行回数=キャスト回数が多く、コツを掴むことに慣れたから。

4に関しては完全にフィールドにアジャストさせた結果。

今までミノーをメインに組んでましたが、今では殆ど使わない。

もちろん使うことはあるが、ルアーボックスの割合が昔と今では全くの別物。笑

そして最後に5の精神力。

ハイシーズンに釣りをするのは初めてで割と楽な釣りが出来たと思いますが、釣れないボイル、どうしてもダメな日、それでも諦めない友人との釣行で鍛えられました。

ルアーを投げなきゃ可能性は0のまま。

予測も大事だが実行の方がもっと大事。

そしてドラマのような展開に、、、

という流れも多かった。

今までは長時間釣りをするのは苦手だったが、諦めない気持ちと集中力がグンと上がった気がする。

この数ヶ月、1人のシーバスアングラーとして大きな変化を身を持って感じています。

来シーズンは倍は釣れると思う。

そのためには今シーズンを締めくくるラストチャンス、近日リベンジを果たしてきます。

コメントを見る