プロフィール

りゅう

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:12
  • 総アクセス数:99938

QRコード

ベイトフィネスで1gを扱うにはどうするべきか

こんばんは。

今の時代ソルトゲームでのベイトタックルも徐々に市民権を得てきましたね。

シーバス、ロックフィッシュではスピニングに勝ることはないですが、メリットも十分に存在します。

そして今はライトゲームにすらベイトフィネスというスタイルでベイトタックルを使用するアングラーも増えてきました。

正直これに関しては殆ど趣味の領域だと思っています。

フィネスセッティングで狙うシーバス、ロックフィッシュには全然アリです。

しかし、1g前後のリグを扱うライトゲームには現実的に厳しい場面が多いです。

具体的に言うとメバリングやアジングなどの軽量ジグヘッドリグがメインとなるライトゲームは先程書いた通り趣味の領域になります。

というのは近年目まぐるしいスピードで進化をしているベイトフィネスタックルの性能を持ってしても、軽量リグのキャスト性能に関しては、スピニングタックルには大きく劣るからです。

それでも私は現在1g〜10gあたりまでのリグで、ライトゲーム、ロックフィッシュ、シーバスと狙える範囲では全てベイトフィネススタイルで狙っています。

その理由としてはこの1本で何でも出来るバーサタイル性に強い魅力を感じているからです。

逆にこのバーサタイル性を活かさず、〇〇用としてベイトフィネスタックルを導入するなら、スピニングタックルでやった方が確実にいいです。

なので私の場合、趣味の領域を抜け出すベイトフィネスタックルというのは1g〜10gあたりまでを扱え、適度な張りがあり、ガイドが小さ過ぎないロッドを選ぶ必要性があると考えます。

1g〜10gあたりまで扱えれば色々なルアーが使えること、適度な張りがあることで色々な釣り方が出来ること、ガイドに関してはマイクロガイドだとラインシステムの自由度が減るので、マイクロガイドでないロッドがいいです。

実際私が使用して来たロッドでこの条件を満たすロッドはインテ79ULとサビオ79ULの2本のみです。

沢山のメーカーのロッドを使い比べた訳ではないので、他にも良い物があるのかもしれませんが、「1g前後をキャストする」ということだけで、大体のロッドが候補から外れます。

かと言って軽量リグのキャストへ性能が偏ると対応ウエイトが狭まるのでバーサタイル性に欠けるのでこれも候補から外れます。

そういう意味では私自身が求めるベイトフィネスロッドはあまりにも少なく、使った現状ではバーサタイル性に優れるレングスも含めこの2本のみとなります。

以前のログにも書きましたが、この2本なら根魚向けのテイストが施してあるサビオ79ULの方が張りがあるため、様々な釣りへ対応出来るためオススメです。

リールは私が使った中ではアルデバランBFS、カルコンBFSがいいと思います。

当初はALC-BF7も使っていましたが、アルデバランBFSを使ってからは全く使わなくなりました。

試す機会が無かったので自信はありませんが、アルデバランBFSと剛性感と重量くらいしか変わらないと言われるスコーピオンBFSもありかと思います。

ただ、スコーピオンBFSとアルデバランBFSは値段に大差がないので、アルデバランBFSを買う方が無難です。

ロッドとのバランスを考えると少し重めのロッドになるので、気になる場合はアルデバランより重量のあるスコーピオンBFS、力があって手元にガッチリ重心が欲しい人はカルコンBFSがいいと思います。

私は持ち重りも気にならず、そもそも力がある方ではないので、アルデバランBFS一択になります。

使った事はないですが、アルファスエアもかなりいいみたいなので、使ってみたいですね^^

このロッドとリールだけで相当お値段がかかりますが、その価値は十分にあります。

ただでさえベイトフィネスでライトゲームをするのは難しいので、思い切って先行投資をするのをオススメします。

世界が変わりますよ^^

ちなみに現在私の固定タックルです。

ロッド.サビオ79UL
リール.アルデバランBFS XG 
ライン.ラピノヴァ0.4号 100m

これに4lb〜12lbのリーダーを場所、魚種に応じて結び変えています。

スプールに関してはアベイルの深溝スプールを入れて軽量化、糸巻き量を増やし、バーサタイル性に優れるセッティングを可能にしています。

折角の深溝スプールなのでもう少し太いラインを入れて試してみたいと思います。

長くなってしまいましたが、1g前後の使用を前提とするベイトフィネスタックルの場合、予算がかなりかかります。

予算をケチると釣りを成立させるのも難しいと思うので、ベイトフィネス導入には予算の準備が必要なのをお忘れなく。

ちなみに、ライトロックやプラグなど、3g〜がメインとなる場合はここまで拘らなくても大丈夫です。

こんなに出費しなくても、、、

という意見も多いとは思いますが、次元が変わってくるレベルです。

あれこれ買って失敗する前に間違いないタックルを揃える方が安く済むこともあるので、少しお財布に余裕のある方、試してみてください^^

ちなみに私、このロッドを買うまでに10本以上買って無駄にしてきました。笑

皆さんのベイトフィネスセッティング、良かったら教えてください^^

コメントを見る