プロフィール

目黒毅久

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:168
  • 昨日のアクセス:435
  • 総アクセス数:2739400

QRコード

苦戦…

昨日夕方に釣友からのお誘いがあり、そそくさと仕事を片付けて女川方面へライトロックに出掛けて来ました。

1つ目の港湾部。

先行の仲間2人は1人が早々にアイナメを揚げてそこからバイトが無いらしい。

まずはベイトの有無を確認すると1cm強の何かの稚魚がウジャウジャ…

それを食いに5〜6cmの小魚も集まっている。

これは期待出来るか?

と思い始めるが港の内外ベイトがウジャウジャと居過ぎるせいかNB…

小1時間ほど打つが誰もバイトが得られず場所移動。


2つ目の港湾部はかなりの数のクラゲの幼生がプカプカ。

シャコの幼生、カニの幼生、それを捕食するミミイカなどもいる。

開始早々に明暗でモソっとしたバイトがありスイープに合わせ巻いてくる。

しかし、5巻き位でバラし…

きっと口の皮1枚とかのフッキングだったんだろうと諦め更に丁寧に明暗を探る。

3回ほどワームチェンジをしレンジを上げてスイミングさせていたらグンっとバイト!

今度はしっかりと合わせ巻いて来る。

アイナメとは違うストロークのヘッドシェイク、下に潜る感じでクロソイかな?と思ったが…


tfuakkvygm2n2x3x6ed2_920_690-594db59f.jpg


まさかのコイツ…

カジカって浮いてる事あるの?あんなに抵抗するの?(笑)

揚げてガッカリだが初めての経験でちょっと笑いが出てしまった(^_^;)

仲間1人がアイナメを揚げてまた移動。


3つ目の漁港はいつもの鉄板ポイント。

港内はベイトはちらほら、外海は例のマイクロベイトが浮いている。

まずは1本とヘチを探り、ブレイクを探りとやっているがバイトがない。

仲間は港内でアナハゼ、ドンコ、ドンコのコンボ(笑)

やはりここは生命感が他の港湾部より濃いと思いながらキャストを続けていると急に風が出て来た…

あっという間に爆風に変わりおまけに雨まで降って来る始末。

こうも天候が急転するのかって程の大荒れ具合にあえなく強制終了(>_<)

んー、これからと思っていた矢先だったので何とも残念。

帰り際に釣友と話していたのだか何か暖かくなって活性高いのは人間の方ばかりではないか?と(笑)

極寒の中の釣行の方がもっと楽に釣れていたのは何故だろう?

魚は必ず居ると思うのだが自分の攻め方が合って居ないのだろうか?

しかし何故釣れないかわかるほど攻め切ってはいないのでその辺りを今後どう詰めようか…

次回釣行はサクラの予定だがこちらのリベンジも考えておかないとダメですね〜(^_^;)



iPhoneからの投稿

コメントを見る

目黒毅久さんのあわせて読みたい関連釣りログ