プロフィール

目黒毅久

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:179
  • 昨日のアクセス:377
  • 総アクセス数:2741605

QRコード

アウェイの洗礼

昨夜はこの方々とのコラボ。



4n65zd54phchzfsp8efi_920_846-03ce6a64.jpg



リバーシーバスのスペシャリスト!

チーム ウミマン momiさん!!



&




ckkck8k49d32ziwb588k_920_745-98f37b07.jpg



謎の原チャリマン!?



正体は…



no3xoguky3boi92txj9m_613_921-7ecfb59c.jpg



誰だこれ??



そう…



a5kxvgfm5e9j3vmm4ifc_920_690-60da7c37.jpg



YFB 翼くん(笑)






ここの所FBで交流させて頂いていたmomiさんにお誘い頂いてご一緒させて頂きました。






目指すは南の大河。



自分にとっては完全にアウェイの川。



北の大河と違い魚影は薄い印象だが結果をしっかり出し続けているmomiさん。



そしてその技術を目の当たりにし着々と成長を続ける翼くん。



釣る、釣らないより2人の釣りを勉強させて貰おうと車を走らせた。



momiさんはお仕事の都合で少し遅れるとの事で翼くんとエントリー。



雨の影響で増水しいつもより流れの押しが強いとの事。



いかにもの流れの中での釣りに気持ちが高揚する。



翼くんに軽く地形のレクチャーを受ける。



ブレイクに沿って流れの筋が出来ている。



アップに投げてクロスで回収がここのパターンらしいのでまずは翼くんの釣りを見る。



なるほど。



自分もキャスト開始。



流れが強く早いのでクロスの位置までの到達が早いがアジャスト出来ない程ではない。



3投で流れに慣れ、3投でラインメンディングを修正。



ここから勝負。



まずはシャローランナーのミノー、シンペンで上を探る。



そして徐々にレンジを下げて行く。



ミノー、シンペンで反応がないのでBlueBlueで開発中のリップ付きのバイブ『ナレージ』を投入。



ccemwjshm5gv7s5xr85c_920_690-43cdc281.jpg



流れの中をジャークさせながら流す。



コンッ!



バイトなのか魚体に触れたのか小さな感覚。



魚が居る事は分かった。



そしてここでmomiさんが合流。



挨拶を交わしまずは釣りを見せてもらう事に。



立ち位置、キャスト、流し方、じっくりと見させて頂いいているとそのポイントを譲ってくれました。



ポイント、攻め方、全て与えられたので後は釣るだけ。



再度上から下までミノー、シンペンで探るも反応はなし。



やはりナレージなのか!?



先程と同じ様にアップに投げるが今度はスローなリフト&フォールで流す。



ナレージにはある特徴的なフォールアクションがあるのだが、ボス曰くそこにバイトが集中するとの事。



そんな事を思い出しながらの2投目。



2回目のリフトからフォールに移った時に…



コツン…



しっかりとフッキング、エラ洗いを確認してから『ヒット!』の一声を!

(後から聞いたらフッキングして魚を確認してから声を上げたのをmomiさんにしっかり見られてました(笑))



流れを下り走る魚はあっと言う間に自分の前を通り過ぎ下流側にいた翼くんの前へ。



これ以上走らせたら厄介なので魚に飛ばれる事を覚悟でロッドを立て魚を止める。



案の定1発エラ洗いをされるがこれも交わし、次は飛ばさない様にロッドを曲げたまま寝かせた瞬間に魚は再度反転。



ギューーーン!とドラグが唸った瞬間に根擦れの感触と共にラインブレイク。



流れの強さを差し引きしてもエラ洗いとワンダッシュの長さを考えればそこそこサイズの魚だった。



初場所で情報量が少ない割りにドラグが緩過ぎたか?



魚に負けラインを切られたなんていつぶりだろうか?



毎度思うが掛けた魚を獲れない程悔しい事はない。



兎に角完敗である。



そして上げで潮位的にも限界に近づいて来たので納竿。




momiさん、折角最高のピンを譲って頂いたのにすいませんm(_ _)m



そこから移動し再度入水しようと思いましたが上げ潮と重なり思いの他水量が多かったので釣りは断念。



しかし釣り好きが集まり話始めると止まらない止まらない。




熱いトークが延々と夜明けまで6時間も(笑)




momiさん、翼くん、楽しい時間を有難うございました(^^)



近々リベンジにお伺いしますので宜しくお願いします!



【タックル&ルアー】

APIA / Foojin'AD High Roller 104ML

DAIWA / 14 CALDIA 3012H(フルベアリング)

DUEL / HARDCORE X4 1.2号

YGK / GALIS DSV SHORE LEADER 20lb


BlueBlue / ナレージ(プロト)






コメントを見る

目黒毅久さんのあわせて読みたい関連釣りログ