プロフィール

目黒毅久

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:156
  • 昨日のアクセス:418
  • 総アクセス数:2741205

QRコード

限界点

ここの所サーフに行くタイミングが悪いのか、いつも荒れ気味でコンディションが良くない。

しかし、最近は様々な状況で釣りをし経験を積みたいと考えていたので自分的にはOKかなと。

ま、格好付けて言ってみたけど以前に福岡のBBテスター関根さんに『限界点以上の釣りを経験してみる事も必要だ。』とアドバイスを頂いていたのだ。

経験値の低い自分には有難い言葉だった。


自分が挑む釣りの対自然的限界はどこなのか(危険な状況で無謀な挑戦をする事とは違う)、魚的にフィーディングする限界点はどこなのか?

強い風、強い流れ、荒れる海、どこまで自分は対応出来て答えを出せるのか?

荒天を嘆くのではなく楽しんでみようと思っていた。



まずは波高2m時折3m、濁りそこそこ、ゴミそこそこの日。


人気のサーフは人も殆どいない。

今の季節の自分の釣りは皆さんご存知の通りメタルジグメイン。

メタルジグの釣りは自分の中ではジグがどの様に動いているのか、どの様に魚に食わせるのかイメージ出来る事が大切な釣りと思っている。

使うジグの特性を良く理解した上でキャストし操作する。

悪条件の中でどこまでイメージ通りに出来るのか…

High Rollerは軽く素直な特性で操作がし易い。

ボスがこればかり使ってしまうと言う意味が良く理解出来るロッドだが流石に荒天時は普段の何倍もの速さで体力、精神力が削がれる。

そんな中で出す魚。


dejw6rcnzjc2nupeu82p_920_690-a4cde73a.jpg

wue8hsnv7dj2v2k9stpd_690_920-b4b8ce0f.jpg


良い条件で味わう爆釣とは違う状況をしっかりと掴み考えて考えて操作をし答えが出た喜びや達成感もあったり。(決して自分はドMではなくどちらかと言うとSだ(笑))







また別の日は波は予報より高いけど先日に比べたら釣りにならないと言う程でもない。

釣友のガイドもあったがまぁ釣れるだろうと楽観視していた。

しかし、この日の敵はそれではなかった。



明るくなって来て気付いたが濁りが凄い。

雨て濁った河川の影響がタイムラグで出たのだろうか?

また、1キャスト毎にラインやらルアーやらにゴミがまとわりつく。

飛距離と感度重視で最近メインで使っていたPE0.8号は消耗が激しく40gのジグををフルキャストすると高切れ連発。



我慢する事数度…



精神的限界点に達する(笑)



素直に車に戻りラインを太く強い物へ。

やっとストレスなくフルキャスト出来る様になったがあれ程いたマゴチが食ってくれない。

ゴミ、水質の変化のせいで魚は大きく移動したのだろうか?

休日ともあって朝マズメに大勢居たアングラーは見る範囲で誰の竿も曲がる事もなく1人2人と減って行き数もまばらに。

ランガンを開始し離岸流を探し打つ事数度でわかった事は離岸流の方がゴミが巻かれ釣りが成立し辛いと言う事。

そして一番流れない場所を飛距離と言う武器で出した答え。


dc48nmsexazfry6kyr97_690_920-3ca261b1.jpg


精神的にも体力的にも辛い釣りだったが学ぶ事は多かった。


限界点はどこか…


挑戦は続く。



【タックル】
APIA Foojin'AD High Roller 104ML
DAIWA 14 CALDIA 3012H(フルベアリング)
TORAY SEABASS PE POWERGAME 0.8号

DUEL HARDCORE X4 1.2号
YGK GALIS SHORE LEADER DSV 20lb


【ルアー】
ima GUN吉 40g ピンク
BlueBlue FALLTEN 30g #3 ケイムラマイワシ
BlueBlue FALLTEN 40g #5グリーンゴールド


《2014年フラット釣果》

ヒラメ × 19 MAX 68cm
マゴチ × 178 MAX 63cm

TOTAL 197 Fishes


iPhoneからの投稿

コメントを見る