プロフィール

目黒毅久

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:45
  • 昨日のアクセス:382
  • 総アクセス数:2753752

QRコード

ジグでの攻め方【基本ローテーション】

本日よりセンター特大バナーに私の動画を載せさせて頂いております。

フラットフィッシュをシーライド、フォルテンで攻略!

拙い喋りではありますが全国各地から動画を見て実践し釣果が出たとのご報告を頂いており嬉しい限りです。

何処でも爆発する可能性を秘め、どなたにも出来るメソッドですのでどうぞご覧下さい。



さて、本日は動画では伝え切れていない部分、どの様なローテーションをしたら良いのか、ジグの見せ方はゆっくりが良いのか早い方が良いのか、熱心な方々から多くのご質問を頂きましたのでまとめてみます。



先発のジグはフォルテンです。


私の場合はまずは上のレンジをワンピッチジャークでスピーディーにテンポ良く広範囲に探り活性の高いヒラメを釣って行きます。

開始直後にガツン!っといきなりこんなサイズが出る事も!

dmjw4yditaghz95gox2c_589_920-55db24f4.jpg


上で反応がない場合は中層、その次はボトムとレンジを下げて行きます。


hrie3snobtv5sxhz93x5_920_690-8ae61c3b.jpg


活性が高いヒラメは早いジクにもしっかりと反応しフロントのアシストに食いつく事が多い様に感じます。


フォルテンで反応がない場合はシーライドのスピニングスローにチェンジしてジグをしっかりと見せます。

こちらもヒラメの場合は上のレンジから。


cbyyegv5dawjhxcjd2ta_920_690-7559180f.jpg




マゴチ狙いはボトムを徹底的に。


まずはフォルテンでテンポ良く探ります。


2ock2wumjwk5jtv2wydz_920_690-5e389cec.jpg


そしてシーライドでじっくりと見せて。


xrr8rp6n3n4es26kujih_920_690-bd47aa76.jpg




上記の様にヒラメもマゴチもまずはスピーディに広範囲を探り活性の高い魚を釣って行き、その後はしっかりじっくりとジグを見せて探って行くのが自分的なパターンになります。



そして重要なのはカラーローテーション。


マズメやローライト時、濁りや荒れ気味の時はアピール系、ベタ凪、澄み潮、ピーカンな時はメッキやナチュラル系が定番となりますがそのセオリーが全て当てはまるとは限りません。

f3gvcye75rprt4sy75er_920_690-f2e734e7.jpg

ベタ凪、澄み潮、ピーカンでアピール系がハマり爆発する時もあれば…

4ftokbv4ro9s6j7bv8w7_920_690-c4d5f238.jpg

ピンクやグローがハマる日も。


その日の状況にもよると思いますがカラーでバイト数がまるっきり変わる日もありますのでこまめなローテーションが必要だと思います。

恐らく宮城のサーフでこんなにローテーションしてる人はいない位のペースで自分はローテーションしてると思います(^_^;)



以上、補足的な攻め方やローテーションをご紹介させて頂きました。


基本的にパターン問わずシーズン通じて通用しますので是非お試し下さい。


次回は色々なジャークパターンでのジグの動きの説明をしたいと思います。

コメントを見る

目黒毅久さんのあわせて読みたい関連釣りログ