プロフィール

目黒毅久-JOKER

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:181
  • 昨日のアクセス:806
  • 総アクセス数:2657123

QRコード

タフコン時の乗らないバイト

いやいや、先週末は降りましたね〜!


それでもタイミングを見てコムさんと釣りに行きました。


あんな大雪だったのに2人とも馬鹿ですね(笑)







デイ&ナイトでBlooowin!80Sのテストも少し…

hu7zjcep5onv6u9mocob_690_920-10da7db2.jpg







詳細はまだ内緒です(笑)







さて、今回も港湾部ライトロックです。


外洋は荒れ模様、こんな時は漁港で爆る事があったりしますが…







今回は激シブ!(笑)







ま、そんな上手くは行きませんがこんな時こそしっかりと攻めなければ釣れないのでこれはこれで攻略するのが楽しい釣りです!


と、強がっておきます(笑)




何時もの漁港に行くと先週出会った東北大釣り同好会の池垣くん達が先行してました。


状況を聞くと…



itg5wb3342cbvgnfbdsv_920_518-a59f22bb.jpg



なんとシーライドミニ6gでアイナメを釣ったと嬉しい報告を頂きました!


ミニを使ってくれてありがとうございます(^^)


暖かくなったら釣り同好会の皆さんと釣りをしたいですね。


また宜しくお願いします♪





で、自分らの釣りはと言いますと夜半過ぎにはかなりの強風が吹く予報だったのでパッパと手短にメバルに遊んで貰おうと思いました。


しかし、遊んで貰うつもりが遊ばれてる感じで結構な苦戦を強いられました(^_^;)



状況的には先週からの寒気で水温は低下、それに付け加えて大雪の影響で釣行時はあちこちの側溝から漁港内に雪解け水がドボドボと入ってとまぁ良い状況ではありません。


でも想定内と言えば想定内。


池垣くん達にメバルは居るとの情報は頂いたので魚の居場所を見つけてそれを釣るだけです。


しかしまぁそれが中々面倒な感じでして…(^_^;)


風は横から時折強く吹き、ポイントにはウィードが点在しているのでボトムをスローに探りたいのですが少し間違うと即根掛かり…


コムさんとWヒットならぬW根掛かりなんて場面も(>_<)


でも2人でしっかり根掛かりは外してましたよ〜(^^)v


何度も何度も(笑)


まぁこれにはコツもありますが経験してしっかりと良し悪しを見極める事が大事ですかね。


根掛かりの外す工夫を学び、万一のロスト時も如何に水中にラインを残さないラインセッティングをするか…


釣果も大事ですが自然の中で遊ばせて貰っているのでこういった部分はとても大事な事ですよね。


因みに今回はメインのPEは03、リーダーはフロロ4lbでしたがしっかりしたラインシステムを組めれば3g、6gのトレブルは細軸なので伸びて返って来ます。


アシストが掛かったら…







ラインを直接掴みひたすらシェイクです(笑)







ご参考までに。







そんなこんなで今回の攻略ですが、まずはシーライドミニの6gで中層を素早くサーチして活性高めの個体を獲って行きます。


4ecvo77sbbgu3g35d2tz_920_690-660c03d4.jpg


ヤル気のあるレギュラーサイズをキャッチ。


でもコレだけ(爆)




そこからはボトムから50cm以内のレンジにメバルが溜まっていたので6gでボトム付近を探ります。


しかし6gフォールスピードでは活性の低いメバルではジグを追従し切れない様子です。


となればシーライドミニ3gで更にスローにボトムを探る訳ですが…


ウエイトが軽い分風の影響をモロに受けラインが流れます。


ラインスラッグを調整しつつやっとボトムを取ったと思っても今度はウィードへの根掛かりがうるさくて釣りが難しい…



そして取った次の手は久しぶりのジグ単に1インチワームを投入!


しかしこれも風の為にかなりシビアなコントロールが必要で…





1.5g…全然ダメ!




2g…まだまだダメ!




3g…ギリギリ可!?




しかしバイトは出るが乗せられない…


そして根掛かり率もジグと変わらない…


1インチワームを食い渋りフッキングに持込めないのではいくらバイトが出ても使う意味がないですね(^_^;)


根掛かり率も高いしこのコンディションでここで粘るのはナンセンスと判断し移動です。




次のポイントは斜め前から風が吹きこちらもラインスラッグの処理がかなり面倒でしたがウィードがない分、先程のポイントよりは釣りが楽でした。


常夜灯の明暗にしっかりと魚が着いていたので集中します。


まずは先程と同じく6gの早いテンポで中層の高活性な個体を…



iw7mv4ifisp4j4ksansy_690_920-e330a89d.jpg


20cm超え!





y243z8g9giih8sgkk498_920_690-af942f86.jpg


の後に豆!(笑)


アンダー10cmは久々に釣りました(^_^;)




その後は3gへチェンジしてスローに丁寧にフォールさせてボトム付近を誘います。


そしてフォールレンジとラインスラッグの処理をアジャストすればそこからは連発!


xd6seicatpupk4dz8k8w_920_690-06ea7456.jpg

c585e577hhr4an4fy5dp_920_690-99da8db6.jpg


ケイムラドピンクの独壇場になりコンコンと心地良い引きを楽しみました♪(バッテリーが切れここで写真は終了…(>_<))





今回の状況を考えると魚はかなり低活性、ワームを投入したがバイトは出るものの食い込ませるのに苦労し結局ノーヒット。


その点ジグはバイト即フッキングに持ち込めるのが利点ですね。


魚が低活性のタフコンだからこそバイトを取り易いジグが活きたのではないかと思います。



ただしジグにはジグの弱点もあります。


ラインスラッグの処理がやはり重要で釣果を物凄く左右します。


手元にバイトの感覚が伝わっても乗せられないのはスラッグを出し過ぎてる時ですし、逆にスラッグを巻き取り過ぎてもイメージ通りにジグは動いてくれないので今度はバイトが出ない…


結局の所はワームを食い渋る状況でしっかりと食わせるのもテクニック、ジグを的確に動かしてバイトを取るのもテクニックではないでしょうか?




それにしても…


『遊ぶ』と思っていたのに結局熱くなり夢中なってしまった釣行でした(^_^;)


いや、攻略し甲斐があり楽しかった♪





さてさて、去年はここまでミニに拘ったゲーム展開はしていなかったのですが今年はデータを集めたりする為にこの釣りで通してみようと思います。






あ!






でもサクラも行きたいので程々にしときます(笑)


【タックル】

ロッド:DAIWA 月下美人 INFEET 66-T

リール:AbuGarcia Cardinal 301MS

ライン:PE0.3号+フロロ4lbリーダー

ルアー:BlueBlue SeaRide mini 3g.6g

コメントを見る