プロフィール

伝心

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:1
  • 総アクセス数:3109

QRコード

linkbanner.gif

釣り針の研磨

  • カテゴリー:釣り具インプレ
いつもの場所にいつものように。。。
休日に仕事が入り釣行できてない伝心です

皆さんは使い込んできた針はどうされてますか?
方法としては2つですかね
①新品に交換
②研いで使用

フッキングを確実にしてバラシを減らすためにも①が理想だと思います
ただ、、、小遣い制の私には敷居が高すぎる対応です^^;
スポンサーがいれば気にせず使用できるんでしょうけどねw

今回は私のような②な方々の参考になればと思った次第です

釣り針の先端には特殊な加工がされているものがほとんどです
科学研磨やフッ素樹脂加工などです
ですので新品や数回使用したものはそのままの使用がおすすめです

フックシャープナーや砥石で一度研いでしまうとこれらの恩恵が受けられなくなり
以後は、研がないといけなくなります
使用数回後の研ぎ方に関しては某有名メーカーの方がyou tube等で紹介されておりますのでご参考になさってください
耐水ペーパーを使用する方法です

フックの研ぎ方は色んな方の方法を拝見しましたが
ほとんどの方が見落としている部分が実はあります
皆さん”先端の鋭さ”だけにこだわっておられます
針が刺さる為には実はその先端の鋭さだけではないのをご存知でしょうか?
爪に針を引っかけてズレないだけでイイのではないんです!

私の仕事はこれに関係する仕事なので、このことに関してはちょっとこだわりを持って研いでいます
どこにこだわって研いでいるかといいますと

針先の形状”です
d8n4gw6zb6mu8o65fjfo_480_480-e10639b0.jpg
http://www.washiesu.com より引用
これは医療用の針の先端の断面図です
丸針は先端が細くかつ鋭く、傷口を小さく抑えることができるため軟組織に使用するものです
一方、角針は”貫通力”を重視したもので硬く刺し通しづらい部分に使用されます
そしてこの針の特徴が
osaoizw633zva6n7ipd2_480_480-e858e28c.jpg
http://www.washiesu.com より引用
エッジ”にこだわっているということです
このエッジが更なる貫通力をもたらしてくれるということです

この先端の形状を意識しつつ私は研ぐようにしています
では実際どのように研いでいるかといいますと

使用しているのは

オイルストーンスティック

これを百均で買ったオイルに浸して使用しています
  
こんな感じでオイルを切りながら使用しています

研ぐときはトレブルフックの一本を指で挟んで保持しつつ

先端から一定の角度を保ちつつ!”です
jc6cw22yie3yj5wmoreo_480_480-28550654.jpg
角度を変えて
dhtt4zy2g698gdvfhgio_480_480-da1071ea.jpg
一方向に砥石を動かしていくのがポイント”です

なぜ円柱形のものを使用しているかというと
トレブルフックの中央の支柱もしくは輪っかに、針の先端を当てがいながら砥石を進めることで一定の角度を保ちやすいからです
kyf4z8tpduy2ivwm84xa_480_480-67e575f5.jpg
こんな感じに大きいサイズの針の場合
針の輪っかに当てつつ沿わせて一定の角度にしています
円形というのがみそ!で角度を一定に保ちやすくなっています
この砥石だとよほど小さいフックのサイズでない限り
ほとんどのサイズで応用可能です

そんなに激しく削りながら研ぐわけではないので輪っかや中央の支柱へのダメージはそれほど気にしていません

こうすることによって貫通力UP!
魚の口の硬い部分に刺さる可能性が増し、バラシの軽減に繋がるのでは?と考えている次第です
特に口周りの硬い種類、雷魚や鯰に有効なのではないでしょうか?

先端の鋭さ及び形状 と エッジ

にこだわるだけでキャッチできる魚が増えるかもしれません!?
実はこれは鳥類の爪にもいえることだったりするんです
生き物って面白いですよねw

ご参考まで

ボウズ続きの私はまずは魚に口を使ってもらうことからだな。。。と思う今日この頃です

コメントを見る