プロフィール

メガバス株式会社

静岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:42
  • 昨日のアクセス:459
  • 総アクセス数:1335624

QRコード

淡路島・厳寒期の鉄則は『シモリパターン』

皆様、こんにちは。
兵庫県淡路島の大橋剛詩(オオハシ ツヨシ)です。
 
2月に入り厳寒期と実感させられる天候がようやく増えたように感じます。
釣り人にとっても厳しくフィッシュイーター族にとっても厳しい季節がまだ続きます!
 
さて今回の記事は淡路島・厳寒期のシーバスフィッシングに焦点を当てます。
 
一筋縄ではいかない厳寒期のシーバスフィッシング!
その大きな要因のひとつがイワシやアジなどの離岸。
回遊型ベイトの溜まるハイシーズンとは違い、シーバスの絶対数は激減し捕喰形態も変化する。
 
しかしそんな厳寒期でもいや厳寒期だからこそ今回ご紹介する『シモリパターン』が有効。
 
 
最新の釣行写真とともに『シモリパターン』を紐解きます。
 
 
 
【 『シモリパターン』とは・・・】
『シモリパターン』とは、イワシやアジなどの回遊型ベイトが少なくなる厳寒期でも成立するシーバス釣法です。
シモリ(海中の岩礁や何らかの沈み根)には、メバルやスズメダイ、ギンポなど低水温に強い根魚がたくさん棲息しています。
つまり厳寒期のメインベイトは根魚。
シーバスはシモリに身を潜め最小限のエネルギーかつ最短距離でそれらのベイトを瞬時に捕喰。
 
シモリ帯はシーバスにとって厳寒期を生き抜くオアシスであり、厳寒期の淡路島を攻略する最大の舞台となるのです。
 
rw9cfjn5fab7wepfywbo_480_480-c68da8fe.jpg
 
 
 
【ポイント セレクト】 
ではどのようなシモリポイントを選択しアプローチすれば良いのか?
私の経験からして重要な要素となるのは、
 水深・潮通し・下見 の3点。
 
★ 水深
水深は大潮の最干潮時にギリギリ干上がらないぐらいのドシャローがベスト!
水深のあるエリアと比較してシャローエリアにはフレッシュなシーバスが捕喰タイミングにだけ差してくるという特徴がある。
日中は近くの水深のあるストラクチャーやブレイクで身体をボトムにあずけながら動かずしてステイしていることが多い。
しかし朝夕のマヅメ時や夜間になると捕喰するためにシモリ帯へ移動し上ずった根魚を襲撃。
シャローなシモリ帯に身を潜めたシーバスは移動距離を最短にして上方向へ追い込んで捕喰行動をとる。
 
uujustvbkuyn54bvah7g_480_480-08aa7327.jpg
 
za37kdk3mvsmrhsih9kz_480_480-797fb2e7.jpg
  
★ 潮通し
2つ目の要素は潮通しの良さ。
シモリ帯の中でも引き抵抗のある潮の効いているポイントがシーバスのヒットゾーンとなります。
潮流はシーバスの活性を上げて警戒心を薄くさせるだけでなく、シーバスの向きまで断定させてしまう程の追い風となります。
さらに潮が効いていればメインベイトとなるメバルが規則的な動きをとり、上ずるゆえにルアーのトレースコースも絞りやすくなります。
  
★ 下見
3つ目の要素は釣行直前の下見。
下見段階でシモリの位置を把握し、その中でもシーバスの身を潜めそうなピンスポットを予測し、ルアーのトレースコースをあらかじめ定めておくことが貴重なワンバイトに繋がります。
(前記事のS字波動は例外として)厳寒期のシーバスはルアーを無駄に追おうとはしません。
シーバスの射程距離は非常に短く、基本真上を浮遊し通過するベイトを時合いのみ襲撃するからです。
 
以上の3大要素を参考にポイントを選択して厳寒期のシモリパターンを攻略してください。
  
文章で表すと少し複雑になるかもしれませんが簡単にまとめると、潮通しの良いシャローなシモリ帯を下見段階で探し出すことが厳寒期の淡路島シーバスを攻略する秘訣です。
 
nmi6sg2frr9caob4ipdp_480_480-2829efe1.jpg
 
nmjhno6sshz4u38i3ccb_480_480-cd448525.jpg
 
 
【ルアーセレクト】
“厳寒期のシモリパターン”推奨ルアーは、
『X-80sw LBO Shallow』
 
zh975jdy9jn6fpbhxd8p_480_480-be687c85.jpg
 
 
クラス最高峰の飛距離とハチマル特有の小刻みなリアルアクションが武器。究極の喰わせアイテムです。
 
執拗にルアーを追おうとしない厳寒期は、シーバスの捕喰タイミングにルアーを認識してもらえるかが重要。
ルアーのボリュームが大き過ぎたり、ウォブリング幅が広過ぎたり、ローリング角度が過剰なルアーで何度も同じコースをトレースすると普通見切られたり場を荒らしてしまうケースが少なからずあります。
その場合せっかくシーバスの捕喰スイッチが入ったタイミングが訪れても、エサと認識しなくなりルアーに無反応となってしまいます。
しかし『ハチマル』特有のリアルで小刻みなアクションは、同じコースを何度トレースしても場をスレさせることなくシーバスの捕喰タイミングにマッチングさせられます。
 
grizi2kotna2tdz9gntt_480_480-0fe1b2d4.jpg
 
7dv4fghwzxa8saum3jvk_480_480-842ee039.jpg
 
一方、シモリの規模が広くシーバスの定位置を明確に絞れないような場合は『KAGELOU 124F』がオススメ。
 
pzjrsaiz9c8sebkaeotj_480_480-34a7f956.jpg
 
表層を超スローに強い水押し波動を伴った絶妙なロールアクションが厳寒期のシモリに貼り付くシーバスをバイトさせます。
 
okwep9b6966wxm4wz2gd_480_480-9d458321.jpg
 
zrn5hbs3sxvbewnugrmj_480_480-0106543e.jpg
 
この2種類のルアーを使い分けて厳寒期の鉄則『シモリパターン』にチャレンジしてください。
 
 
 
毎年厳寒期の後半戦を告げる『フィッシングショー大阪』。
2/8(土)~2/9(日)、大阪南港にあるインテックス大阪にて開催されました。
今年は6年ぶりにメガバスも出展させて頂きました。
多くの方々に支えられイベントを終えることができました。
たくさんのご来場・ご声援ありがとうございました。
 
厳寒期後半戦、まだまだ厳しい季節が続きますが新たに加わったメガバス製品に期待を馳せつつ、フィールドと向き合う士気を高める良いイベントとなりました。
 
これからもメガバスアイテムをよろしくお願い致します。
 
 
そしてぜひ厳寒期の鉄則『シモリパターン』を実践しに淡路島へと足をお運びくだされば嬉しく思います。
 
 
 
■使用タックル
ロッド:SHADOW XX SXX-87MLS
    ND702LC
リール:C3000番
ライン:PE 1号
リーダー:フロロ16lb.
 

コメントを見る

登録ライター