プロフィール

ひびき

高知県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/7 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:15
  • 昨日のアクセス:51
  • 総アクセス数:56761

QRコード

釣果第一に考えたときのビッグベイトの有用性


こんばんわ!



今回は"ロマン砲"としてではなく"釣果重視"という点からビッグベイトについての記事書いてみたいと思います!





ビッグベイトとは言ってもせいぜい18cm前後くらいまでのスピニングタックルで扱える範囲のルアーでの話とします







最近流行っているビッグベイトシーバス




自分はちっさいルアーで釣るのが結構好きな性分なので去年の秋まであまり使っていませんでした。





時々投げてポロポロとは釣っていましたが出番は少なかった気がします




激戦区と言われる都市部でもコノシロやイナがメインベイトになる展開は多いと思います




20cmくらいの魚が食べられていることって意外と多いんですよね、60cm半ばの魚がデカいボラ吐くこともありますし




そうなると20cmくらいのルアーなんて普通に餌サイズなんです。




昨年のこのランカーシーバスも、ジグヘッドリグ+ワームで釣り上げましたが20cm余裕であろうボラを吐きましたし、バチ抜け中でもイナっ子やコノシロがいたらビッグベイトも普通に食ってきます。



 




尊敬する某高知アングラーさんk村ニキは

「最初は手堅くいくわ!」

とか言ってビッグベイト投げてました笑

ぶっちゃけ聞いた頃は意味がよくわかりませんでしたwww



ここでビッグベイトのメリットを羅列していこうかなと思います。

 

● 意外とベイトサイズ的にマッチしている場面が多い




⚫︎ その大きさのアピール力から効率よく探れる+少しレンジが入った魚も上まで出てきて食ってくることも多い




● 川の流速が遅くても使える


↑この点はとても大きなメリットでした。


流速が上がってないのに明暗でベイトが散ることは結構ありませんか??

 

潮の走り始めのタイミングでベイトが散ったのにミノーじゃうまく角度つけれないしシンペンだと緩すぎてゆっくり見せれず沈んじゃうよーーー(涙)って展開でビッグベイトは強さを発揮します



特に緩い時間にベイト散らす魚ってとっても好活性な場合もあるんですよね。




↑このランカーシーバスなんてもうゆっったりした流れのタイミングでビッグベイト送り込んで頭からバッこり食ってました


そして最後の点は


●ラインを太くできる

というところ。

ビッグベイトだからキャスト切れが怖くて糸を太くというよりもビッグベイトだから太糸でも動きに影響が少ない。という考えです。

フロロ40lbに対して10gのルアーよりも60gで相応の体積のあるルアーの方が影響少ないんじゃねえかなと...実際のところは知りませんがね 笑


あとフック強いから自分みたいなファイト雑な人間でも伸びにくいってのも強みです





こんなところですかね 笑



ランカーのみ狙うというイメージが高いですが50cm後半の魚も普通に食ってきます笑 



 

もちろん年中いつでもビッグベイトやジャイアントベイトとかのスタイルは凄すぎて真似できませんしめっちゃカッコいいと思います!



あくまでも

ビッグベイトがよく効くよーって場面で使ってみれば釣れる魚の幅広がるかもってブログでした!



コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

ベストの平目アシストフックシ…
6 時間前
ケンスケさん

トップで狙うキビレが楽しすぎ…
1 日前
ワカメマニアさん

要、トリセツ。爆
1 日前
有頂天@さん

2020デイ始動
2 日前
rattleheadさん

梅雨のスペクタクルワン・スズキ
4 日前
平田孝仁さん

梅雨時期恒例パターン!
6 日前
渡邉 雄太さん

全然乗らない淀川シーバス
7 日前
登石 直路(nao)さん

イワシの報道規制。
8 日前
BlueTrainさん

一覧へ