プロフィール

目黒毅久-JOKER

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/10 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:7
  • 昨日のアクセス:1085
  • 総アクセス数:2130561

QRコード

ランカーを狙って獲るメソッド

今回のログ、素で話します。


丁寧な感じじゃないけどすいません、よろしくお願いしますm(_ _)m








追波川、昨夜は上げで物凄い数のボイルが出ていた。



でも俺はそれを狙わない。



理由はこう。



ボイルは殆どがアベレージクラスな感じ。



20〜30発に1回位は良さげなのが出ていたけどそんなの狙っても効率が悪いし運任せだ。



俺はそんなボイルを無視して狡猾なランカー個体に的を絞る。






で、先に昨夜の結果を言うとコレだ!






xopuwb2ar53xbdwbrkiv_920_689-b9bbc3c3.jpg





91cmのランカーシーバス!



with SNECON90S!





まぁ訳あって昨日はこの1本で早退したんだけどここの所の釣行では確信を持ってデカい奴を狙って獲っている。



結果的に最近の12釣行、自分のランカーキャッチは16本(内90up3本)だけど、他の同行者全員でランカーは4本位しか出せてないから確実にメソッドが効いている。



1対1じゃない、複数人対1人。



しかも並んで打って、毎回場所は同じではない。



それでも毎回俺だけはランカーを釣る。



数字で見るとランカーキャッチ率は12釣行で11回、91.7%となった。



これは運だけじゃなく間違いないでしょう!?






じゃー何をするとそんなランカー釣れる様になるんだ?と思ってるよね。



折角なんで今回は皆さんにそれを紹介しますわ!



でもね、理屈は簡単だけどそれなりに繊細な釣りなので誰でも簡単にすぐに出来るって訳ではないかも。



まぁ見て下さいな。







まずはキモとなる要素は以下。



1、狙うはシャロー帯



2、明確なブレイクを狙う



3、3Dで水中のルアーのイメージが出来る事は必須



4、流速、風、塩分濃度はかなり重要



5、4の状況によりルアー操作をアジャストしたり、ルアーセレクトが出来る事



6、感度の良いタックルは必須、リーダーはフロロじゃないと自分ではこのメソッドは難しい。
※参考ラインシステムPE0.8〜1.2号(感度重視の4本編み)リーダーフロロ16lb






上記を前提に以下をイメージして下さい。






岸際にはベイト、シャローに刺すシーバス。



特に賢いランカー個体はブレイクにベッタリの良いとこにポジショニング。



若い個体の様にルアーを追いかけ回してまで食わない。



ならばそのブレイクにルアーを送り込んでやる。



魚が着く所をイメージしてゆっくりと丁寧に送り込んでやる。



巻き過ぎたり、ルアー比重が重かったりと、流速以上にルアーの動きが早いと魚に違和感を与えるので注意!



送り込むのは上を通過させるだけではダメ。



ブレイクにタッチする様に送り込む。



ここで流速や風を考慮しルアーの動きをアジャストしてやらなくてはいけない。



操作技術としてはまずルアーをどこに着水させるか、ロッド角度や向き、ラインスラッグ量の調節なんかが必要。



そして塩分濃度でルアーの沈み具合を確認するのも必要、流れや風の影響も考えてそれを出来るルアーセレクトは必須。



フローティングのルアーでこれは中々出来ないし、シンキングでも比重が大きなキーとなる。



やり易いのはスネコン兄弟。



多分このメソッドに動きも合っている。



スローに送り込んでブレイクタッチの瞬間ルアーをほんの少し弾き上げる!



その瞬間にドンっ!とバイトが出る。



イメージとしてチョンって10cm〜20cmの跳ね上げ。



スネコンはその時の動きも良いからね!



風が弱ければロッド操作で、強ければリーリングも合わせて行うと良いかもしれない。



このメソッドで大切なのは流れのスピードと同調させてゆっくりと沈めて送り込む事。



ボトムタッチはドスンとやってはサイズ関係なく一切食わないから注意。



送り込む前に食われたらそれは残念でした、サイズが良い事を祈ろうね(笑)








さて、こんな事をして連夜のランカーハントをしてるんだけどどうだろう?



イメージは出来るかな!?



実はね、この釣りはウチのテスター陣でも秋田の戸澤テスター、鹿児島の上宮テスターは当たり前にやってた事。



それで当たり前にデカイの獲ってる。



2人とも地域ではズバ抜けた釣果を出してるもんね。



だからあいつら2人が出来て俺が出来ないってのは悔しいし恥ずかしいと思って取り組んだ。



結果は出た。



嬉しいのもあるけどホッとしたってのが本音だね(笑)






このメソッド、仲間にはザックリと伝えてある。



でもまだ誰も試してない?出来てない?



ルアーを送り込む事で精一杯みたい?



ま、それじゃまだまだだけど聞かれたら包み隠さず教えてる。







さ、誰かコレをマスター出来るかな?



出来たら俺と同じ釣果が待ってますよ!(笑)







偉そうに長々と書きましたが質問等ありましたら遠慮なくコメント下さい。



さて、そろそろ本業のサーフも頑張りますよ!(^^)




コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ