プロフィール

目黒毅久

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:254
  • 昨日のアクセス:454
  • 総アクセス数:2715331

QRコード

SeaRide mini セッティングとメソッド

さ、今回のログはお約束通りシーライドミニのメソッドやタックルセッティングについてご紹介したいと思います。


是非また動画で!なんて嬉しいお言葉もありましたが今回は拙い文章で失礼しますm(_ _)m






まず自分が楽しんでるミニでのゲームの対象魚はロックフィッシュです。


東北はロックフィッシュの魚影が濃いし真冬の低水温に耐えられる魚も多いです。


主な対象魚はメバル、アイナメ、ソイなどで自分はこれらをライトタックルで獲る港湾部のゲームを楽しんでます。


ロックフィッシュゲームと言えば主にテキサスリグやジグヘッドリグ等でワームを主体にプラッギングも少々…なんて方が大半かと思います。


自分もミニに出会うまではそうでした。


最初に使用するまではメタルジグなんかで釣れんの?と、自分も思ってましたから(笑)


ところが使用してみると世界が変わりました。


元々メタルジグの釣りが苦手だった自分ですが(昔からの自分を知る人には結構知られてる話です(笑))釣れる!


下手をするとBlueBlueのルアーの中で1番釣れるアイテムかもしれません。


ただし使い方1つで釣果がかなり左右されるのは事実。


なので今回は自分の中の基本メソッドを書いてみますのでミニを試してみたいけど手が出ない方や手を出したけのイマイチ使い方がわからない方などに参考にして頂けたらと思います。





bis4hvnm8ucbt7an7xhg_920_690-58aa56d6.jpg





【タックルセッティング】



まずはタックルですが自分はチューブラータイプのメバルロッドを使用してます。


ソリッドティップのロッドでも扱えるかと思いますがすいません、ソリッドのロッド持ってません(笑)


小さくてもやはりメタルジグですからルアーを操作して魚を誘います。


となると張りのあるチューブラータイプのロッドが向いてるかなと個人的には思ってます。



それに合わせるリールは1000番〜2000番サイズ、ロッドのガイド設定や重量バランスが合った物をセレクトして貰えれば良いと思います。


メインラインはPE0.3〜0.6号、リーダーは3〜8lbと使うミニのウエイトやポイントのストラクチャーの有無、狙う魚のサイズによって使い分けてます。


メバルメインであればPE03or04+3〜6lbリーダー、アイナメやソイ類を狙う時やストラクチャーの有る場所ではPE06+6〜8lbリーダーなどと使い分けてます。


注意点としてはラインの太さによってジグのフォール姿勢が変わる事です。


やはりライトウエイトなジグなので水や風の抵抗等を受け易く少し繊細ではありますね。


今後更に寒さが厳しくなり魚の動きが鈍くなるとミニ最大の特徴である水平姿勢でよ超スローフォールが武器になりますのでジグの動きを含めこれは確認しておいて欲しい所です。


ジグの釣りの最大のポイントは今どの様に操作してどの様にジグが動いていると想像出来る事。


コレに尽きると思います。


何のルアーを使ってもそうだとは思うのですが特にジグは自分で操作して魚を反応させて行く釣りです。


是非ご自身のタックルでまずは足元ででもしゃくってみたりスイミングのアクション等、動きを確認してみて下さいね!





【ウエイト セレクト】




次は3g、6g、9gとあるミニのウエイトのセレクトです。



まずメバル狙いは3gをメインに使用します。


やはりシルエットやフォールスピードの関係でメバル相手なら3gが圧倒的に釣れると思います。


ただ15cmない様なメバルでも平気で6g、9gに食って来ますので風や波の有無、足場の高さや水深、狙うレンジ等で使い分けて貰えれたらと思います。


m8hsgv59iygy6n26yk2h_920_690-2d17fba3.jpg

kdnrpp7eh7cuytsyb2rr_920_690-eb2b3328.jpg





次はアイナメやソイ類を狙う場合です。


40cmオーバーのサイズも釣れたりとメバルタックルではかなりエキサイティングな釣りになりますのでオススメです(^^)


こちらも水深や風波の関係もありますがギリギリボトムが感知出来るウエイトがオススメです。


凪で風もなければ3g、それが厳しい場合は6g、9gとウエイトをアップして行きます。


またウエイト増=飛距離増にもなりますので広範囲をしっかりと攻めて行くのにウエイトを使い分けて貰うのも良いかと思います。


8k38v2ruh8u922a6n95f_920_690-ba99f405.jpg

jamjzb98r7poef8ahpw7_920_690-267cc6ea.jpg

7nxyz8v672i9ydcbo5am_920_690-b01719e0.jpg

2837tn7xyskgtc3fpfny_920_690-95e1e27d.jpg

dcbfgczkgoatkaszagy9_691_920-dae1e273.jpg





【メソッド】



はい、お待たせ致しました。


ではシーライドミニはどうやって使うのか?


1番多い質問でしたので自分の基本としているメソッドを書いてみたいと思います。




1.ただ巻き


はい、読んで時の如くキャストしてリトリーブするだけです。


ミニは巻けばプルプルとシーライド譲りのドルフィンアクションをします。


ワームを使用したリグに比べ飛距離が出ますので広範囲をサーチ出来ますしその形状からシャローも引けます。


時折リトリーブを止めてテンションフォールを入れたりトゥイッチを入れたりして魚の反応を見るのも良いですね。


レンジを刻むにはカウントダウンで調整するも良し、ウエイトで調整するも良し。


まずは基本となるテクニックの1つです。




2.スピニングスロー


ただ巻きでも釣れますがワームリグとの1番の違いは食性で釣るだけではなくジグを操作してリアクションで口を使わせたり強制的に魚のスイッチを入れる事が出来る事と思ってます。


魚のスイッチが全く入っておらずワームを通しても見向きもしない魚に口を使わせる事が可能です。


自分のミニのデビュー戦はそんな状況でした。


常夜灯周りにプカプカと浮かぶメバルで遊ぼうと思いジグヘッド+ワームを通しましたが全く反応を示してくれなかった時にミニを投入し操作すると面白い位にメバルがアタックして来ました。


基本的には以前から紹介してるサーフでのスピニングスローの要領です。


ジグをリフトした時のドルフィンアクションで魚の注意を引き、フォールで食わせます。


活性が高い時はリフト中に食ってくる事もありますが基本はフォールで食わせるイメージです。


その時の注意点ですがラインスラッグが出ますがそれを回収しない事です。


状況にもよりますが極力リールは巻かずにしっかりとミニを落として下さい。


先述の通りメインはフォールで食わせます。


折角フォールさせているのにそこでラインを回収したら……です。


しっかりとミニをスローフォールで落として下さい。


リールを巻くのはジグがしっかりと落ちてラインテンションが掛かってからです。


またリフト幅やスピードは色々試してみる事をオススメします。


ロックフィッシュはシーバスや青物の様にバイト時の1ダッシュは長くはありません。


せいぜい追って20〜30cmくらいでしょうか?


なのでリフト幅も10cm位でチョンチョンやったり、時には大きくロッドを立ててロングフォールジャークなんてのもアリです。


因みにロングフォールジャークとは大きくジグをリフトしてそのまま長い距離をフォールさせるメソッドです。


これはより幅のあるレンジ攻略(縦のレンジ攻略)も可能となりますので是非試してみて下さい。


リフトスピードはゆっくり、フォールはしっかり!


コツはそんな感じです。




3.ワンピッチジャーク


ジグを操作する際に基本となるテクニックの1つですね。


チョンとしゃくって落とすチョンとしゃくって落とす。


スピードやカウントダウン、ウエイトで各レンジをサクサクっと探れます。


ま、これは多くを語る必要もないですかね?(笑)




【メソッドの組み立て方】


上記の操作が出来れば後はそれらを組み立てて魚を釣って行くだけです。


オススメとしてはまずはただ巻きで広範囲にサーチをする。


次はワンピッチジャークで変化を付けてサーチする。


最後にスピニングスローでしっかりとサーチする。


こんな攻め方が活性の高い魚から順に釣って行くコツになります。





【狙うポイント】



さ、では上記のメソッドでいざ狙うとしたらどの様なポイントが良いのか。


1番お手軽で兎に角魚を釣りたいのであれば港湾部の常夜灯周りが鉄板です。


足場も良くて釣り易く、常夜灯周りは様々な生物が集まる食物連鎖の宝庫です。


プランクトン、甲殻類、小魚、イカ、それらを食すフィッシュイーターなど兎に角生命感に溢れています。


逆に常夜灯があるのに生命感が余り感じられない時はサラっと打って移動しちゃいましょう。


狙いとしては基本通りです。


ライトに照らされた明るい場所に弱い物が集まり光の届かない暗部に強い物が待ち構える事が殆どです。


なので暗部にキャストして探って来るのがセオリーになります。


ま、ヤル気のあるアイナメなどは明る所にもガンガン出て来て捕食を繰り返すなんて事もありますけどね(^_^;)



また、見落としては行けないのは足元です。


ロックフィッシュは足元の岸壁沿いにステイしてる事が多々あります。


ボトムをとってしゃくり落とす、少し巻いてしゃくり落とす。


また、テクトロしながらボトム付近でしゃくり落とすを繰り返すなんてのもオススメです。


意外とあっさり魚は反応してくれますよ(^^)






さてさて、サラっと流す様に書いて参りましたがどの様な釣りかイメージはして頂けたでしょうか?


ここで一つご紹介を。


gw4i2vcgdc5sz7e7gum4_920_649-f17ca002.jpg

愛知のBlueBlueテスター内田さんのログ


東北だけではなく東海地方でも冬はロックフィッシュが狙えてます。


良型のメバルやベッコウゾイ(タケノコメバル)、カサゴ相手に楽しい釣りを展開しメソッドも紹介してますので是非参考にしてみて下さい(^^)




ジグを操作して魚を誘い食わせて行く。


兎に角面白い釣りなので是非とも試して頂きたいと思います。


ただどんな状況でもジグが最強!と言った訳ではないと思います。


ワームやプラグにジグをプラスし、引き出しを増やして使い分けて頂くのが色々な状況に対応出来てより多くの魚に出会えるチャンスに繋がると思います。





可能性は無限大!是非チャレンジしてみて下さい!!




コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!