プロフィール

ima

千葉県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:496
  • 昨日のアクセス:627
  • 総アクセス数:2413839

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

初冬の安全第一「磯のサラシーゲーム!」


皆さんこんにちは、imaスタッフの佐々木武です。
私の住む秋田では例年より早く雪が積もり寒い日が続いております。
釣りに行くのにも腰が重くなる季節ではありますが、ターゲットが居る限り釣りに出掛けたいものです。

秋田の磯からのシーバスは終盤ではありますが先日何度か通ってみました(前職は釣り雑誌社に勤めていた関係で男鹿のシーバスについて調べたとき、古い文献によると、12月以降の冬でもドジョウをエサに鱸を釣っていたという説もあるので、もしかしたら気候、水温、ベイトフィッシュの有無などのタイミング次第では釣れるのかもしれません)。
磯のサラシゲームは自分の中ではリバーシーバスと同じくらい好きなシチュエーションで、20代の若い頃はがむしゃらに通っていました。ただ、その後仕事や家庭の都合などで年齢を重ねるにつれ、またポイントも若干遠い物理的な理由などにより回数は減りましたが「狙って釣った」感がある非常にゲーム性の高い釣りだと思っています。

tjvdbt9i3a7xf9c3cuxm_480_480-37c82f90.jpg
沖の根周りには大サラシが広がる!

個人的に磯のサラシゲームはイメージとしては「渓流ルアー」と同じではないかと捉えています。。
やみくもにルアーをオープンエリアにキャストするのではなく、狙ったポイントにサラシのタイミングを見計らう精度の高いゲーム(ベイトフィッシュが多くフィーディングモード(活性が高い状況では比較的釣りやすいときもありますが)。サラシができるということは必然的に風も強くキャスティング技術、ルアーセレクトが非常に重要で、1匹の価値観は高いと思っています。

とういうわけで、先日朝一から秋田県男鹿半島へ行ってきました。

buvbvoo2zkybcodm7f6m_480_480-3773c234.jpg
朝焼けを望みながら・・・

この日はウェーディングできるポイントは波が高過ぎてエントリーできなかったので、足場の高い磯場へ波の様子を見ながら入座。
基本的に磯のサラシゲームは波が高いほうが釣れる可能性が高いので(春やベイトフィッシュが多い場合はベタ凪でも釣れますが!)エントリーする際は十分に安全には配慮して決して無理な釣行は絶対にやめましょう。
入ったポイントは風を背にできる状況で足下から大サラシが広がるベストな状況に見えました。

使用したルアーは分厚いサラシの中をしっかりとレンジをを入れてアピールしたかったので「魚道130MD」。
まずは追い風を利用して沖のサラシの切れ目へフルキャストして風の影響を受けないようにロッドを水面に近づけてやや速いリトリーブ。
それから扇状にサラシを狙いましたが無反応だったので、沖にある根の際へタイトにキャスト! するとバイトがありましたがヒットへは至らず。
ベイトフィッシュの気配がなかったので、磯際にタイトに着いている感じに思えました。
次のキャストは更にタイトに磯際へキャスト! すると待望のヒット!
サイズはなかなか良いらしくサラシの中で激しい攻防が始まりました。
周辺は根が多いのでむやみに走らせると根ズレによりバラす可能性が高くなるので、ドラグはややきつめ。何度かの突っ込みに耐えましたが、シーバスの方が一枚上手で、惜しくもフックを伸されてバラシ・・・

tm8suttib9fygt7ydk8r_480_480-ca6b5353.jpg
良いサイズにフックが伸され・・・

しかし、この日はたまたま周辺にシーバスが固まっていたのか、バイトが連発!
ベタ凪の日に確認していた、沖にある沈み根付近の沖にルアーをキャストしてトレースすると再びヒット!

今度は比較的すんなりと寄ってきて足下へシーバスを寄せましたが、波が荒くネットへ入れるのが一苦労。すると「ランディングあるある」のフックがネットに絡まり危うい状況。波にもまれながら何とかネットに入れようとしますがなかなか入らず結局フックアウトで再びバラシ・・・

その後、一旦休憩の後再び入り直し沖にあるシモリ根の際奥へ上手くルアーが着水、リトリーブを開始すると「ガツンッ」という明確なバイトがあり何物かがヒット! 直後きつめのドラグが止まらないファーストラン! 良いサイズの青物かマダイらしくどこまでもラインを出され正になすすべがなく、とにかくロッドで溜めて耐えましたが結局PEラインが根に擦れてラインブレイク・・・
久し振りの大物のバラシにしばらく頭が真っ白になりました。

その後は反応がなくなりこの日はボウズで終了!
それでも久し振りの磯シーバスを堪能できたので悔しいものの満足!
と言いたいところでしたが、さすがに悔しいので後日リベンジ!

リベンジ当日はよりによって大時化!
男鹿半島は3方を海に囲まれている半島でよっぽどの大荒れでなければ風裏を探せばどこかにポイントがあるのですが、この日は西風でどこも危険と判断。
無理は禁物なのでとりあえず目ぼしいポイントを下見。
すると足場が非常に高いポイントのすぐ沖に鳥山を発見。
すぐにエントリーはせず入るポイントに波が被らないことを1時間くらい確認して安全を確認してから入りました。
ガン吉40g」を鳥山目掛けてフルキャスト。ワンピッチのジャークを繰り返して狙うとフォールでバイトがありヒット!
サイズは小さいようでしたが青物のファイトは強烈!
しかし、足下に寄せても5.6mのタモが全く届かない高さだったので、何とか抜いてキャッチ!

px5pe46mmayi6igugedf_480_480-0a1c9f22.jpg
丸々と太ったイナダでした!

とりあえず1匹釣って満足だったので一旦休憩。風向きが変わる予報だったので所用を済ませ午後から今度はシーバス狙いに変更。

とはいってもどこもウネリが酷く入れそうなポイントはなかなか見つからず、あちこち下見をして、シーバスでは入ったことのないよ大きな島の裏側になる足場の高い磯場を発見!

ここもしばらく波の具合を見て被らないことを確認。ポイント付近の足場も濡れていないことも確認してエントリー。
沖の大サラシから狙いますが無反応。
ならばと、10mほどの近場のワンドの奥にできる小さなサラシにバックハンドでトラウトを狙う感覚のキャストでピンポイントでルアーを入れリーリングすると、サラシの下からシーバスがルアーをひったくりヒット!
c72s3mmnbyoaeugbzrw4_480_480-70fc4325.jpg
ワンドの最奥の小場所にルアーをキャスト!

ワンド内だったので波は比較的穏やかでしたがサイズが良く楽しいファイトを展開。3本フックがガッチリ掛かっていたのでゆっくりと寄せ無事ランディング!

evzg7vcbpnhajjdnasgf_480_480-d63ea692.jpg
コンディションの良いシーバスに満足!

x2ae9ssoty4mvfiu6dpj_480_480-a72d21d6.jpg
ルアーは「魚道130MD

この前後に周辺で確認していたベイトは比較的大きなサヨリとカタクチイワシ等。
居着きも勿論いますが、ベイトの動きでシーバス、青物が回遊している状況だと思います。

i7i89tcicpfdhwwfxcvh_480_480-d136f16e.jpg
釣った青物が吐き出したカタクチイワシ!

nr8myyhd88otjywruovk_480_480-1fe614dd.jpg
ルアーに引っ掛かってきたサヨリ。ルアーは「魚道130MD

居着きを狙うも良し、ベイトを探して狙うも良しですが、前述しているように天候が荒れている状況での釣りになるので、これでもかというくらい十分に安全には配慮して、決して無理はしないようにしましょう。
釣りを諦める勇気も「釣りの技術」の一つではないかと思います。
残り僅かな初冬の磯シーバスを時間が許す限りタイミングが合えば再度狙ってみます!




c7i35kuudzkkyrx9o6xa-c698c62b.jpg

☆アムズデザインホームページ☆
http://www.ima-ams.co.jp  

☆ima Facebookページ☆
https://www.facebook.com/amsdesign.ima

☆ima Twitterアカウント☆
https://twitter.com/ima_ams

☆imaチャンネル☆
https://www.youtube.com/user/imaAMS

☆imaオンラインストア☆
http://www.ima-onlinestore.com

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!