プロフィール

ima

千葉県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:124
  • 昨日のアクセス:646
  • 総アクセス数:2414681

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

この夏のマグロゲームに!

こんにちは!ima広報のモモコです。

昨日の雨と打って変わって今日は快晴ですね〜。若干湿度は高めですが、気温も上がり半袖でも気持ち良いこのくらいのお天気いいですよね♪


さて、本日は今週末25日(日)に発売となる「バネット 190F」のツナチューンについてご紹介!

 
バネット 190Fとは

8w96k6ui58cbboy2txrt_480_480-b7c35844.jpg

「バネット 190F」は、ブリやヒラマサといった青物狙いのダイビングペンシルですが、近年ではマグロの方も実績が高くなっています!
 
ty8brpyk3en7vzetvuxa_480_480-a51061f6.jpg

ツナゲームといえば強烈な引きに対応するべく、ロッドやラインの強度を上げると共にフックを大きくするのが鉄則と言っても過言ではないそう。
バネットもツナチューンではフックサイズを標準搭載の#2/0より#3/0にサイズアップ!

そこで、バネット開発当初から携わってくださっている木下さんに電話インタビューをさせていただき、ツナチューンについて色々教えていただきました(*^^*)

 
i5pwougs45micbu9vyw8_480_480-ed50b024.jpg

木下真さん
遠州灘をホームとする愛知県在住のimaテスター。オフショアキャスティングゲームを得意とし、マグロ、ヒラマサ、GTを追い求める行動派アングラー。体育会系に似合わない繊細なルアー操作が持ち味。クラブブルーハンター(青物組合)会長も務める。


 
バネット開発当初から

w5vystfnx5kkm5vc3kao_480_480-05d75ecd.jpg

- ツナチューン開発のきっかけは何ですか?

ツナチューン開発のきっかけというより、実はバネット開発当初よりマグロを視野に入れて開発をしていました。
開発当初、imaからは“誰でも使いやすいダイビングペンシル”を開発してほしいと要望があったので、誰でも投げられて、且つアクションエラーが少ないものに仕上がるようにテストを進めていきましたが、バネットにはマグロが一番騙されやすい“ある動き”を潜めていました。

しかし、あえてそれは公表せず、今回のツナチューンまで私の中で秘めていたのです。

 
マグロが騙されやすい動き

yju9x859nnn6zkrw6xg4_480_480-4f119b93.jpg

- その“ある動き”とはどういったものですか?

バネットが完成時にすでに持ち合わせていた、“ルアーが水面に対してほぼ垂直に立ち、アクションを加えなくてもわずかな波や風によって不規則に左右にクルクル回る”この動きが、実はマグロが最も騙されやすいルアーの動きの特徴でした。
マグロが一番食べやすい水面を漂う弱った魚を演出しているのです。

そして“ルアーが水面に対してほぼ垂直に立ち、アクションを加えなくてもわずかな波や風によって不規則に左右にクルクル回る”アクションと、マグロの本能を刺激する狙い方を“ブラインド釣法”と呼んでいます。

このブラインド釣法とは、俗に言うほっとけメソッドで、ナブラが全く起きない状況で爆発的な威力を発揮します。オフショア専門誌のソルトワールド2016年6月号にも詳しく書かせていただきましたが、私がこの2年間で釣り上げた25本を超えるマグロのうち約7割以上がこの誘い方です!

 マグロが最も見破れないアクションを身に付けたバネットでマグロの実績が高いことは、私にとってなんの不思議もないのです。


 
#3/0フックの安心感

n3yvmjiixcahbmoeurxd_480_480-50b82e94.jpg
ツナチューンテストモデルで良型マグロををキャッチ!

- ツナチューンはいつから開発・テストされていましたか?

一年半くらい前からですかね?
マグロを騙しやすい動きはすでに備わっていたのであとは、マグロ釣りに合わせてロッドやラインの強度を上げるように、フックも大きさを合わせてあるだけ、と言ったところです。

マグロを狙うアングラーにとって、#3/0のフックというのはマスト。標準搭載されている#2/0でも釣れないことはないですが、安心感が断然違うのです!
しかし、ただフックを#3/0に替えるのでは先ほどお話したバネット特有の「浮き姿勢」を失ってしまう…。
そこでフックの重さに合わせてボディを軽量化しても、マグロを魅了するアクションを損なわないことに注意し、ウエイト配置、重さを再調整しました。


どのくらいテスト釣行したか…正直数え切れません。

何個もの1g単位で重さの違うバネットに#3/0のフックを付けて投げ比べ、浮力、姿勢、風波によるローリングの具合等微調整を続けました。

しかしノーマルモデルの発売時もそうでしたが、発売するからには中途半端なものは出したくない!その一心で自分で納得のいくまでテストを重ねました。
なので、もし誰かに“マグロを釣りたいんだけど何のルアーを持って行ったらいい?”と聞かれたら、“バネット1本で十分です!”と胸を張って言えるくらいバネットは自信を持ってオススメできます!

そんな感じで今回のこのツナチューンも満足のいく仕上がりとなっています。
今年も相模湾をはじめ、志摩、熊野と全国で開幕しているマグロゲームでみなさんもぜひこのバネット ツナチューンで大マグロを仕留めてください!!

 
8gg6ov6ff3iuz4i5k5b8_480_480-0c14a78a.jpg

木下さん、お忙しい中ご協力いただきありがとうございました!
水中に浮かんでいるときに実はルアーがクルクル回っていることや、実はなにもアクションを加えない状態が釣りやすいことなど、意外なことだらけでした。

今回お話していただいたバネット 190Fのツナチューンですが、6月25日(日)300個限定で発売となります!

この夏のマグロゲームにぜひ一本いかがでしょうか♪

 
offufekavzn6hr9e74sc_480_480-e86acaee.jpg


ijyxfjow5o5srdhf2h6b-f0bfce5c.jpg

☆アムズデザインホームページ☆
http://www.ima-ams.co.jp  

☆ima Facebookページ☆
https://www.facebook.com/amsdesign.ima

☆ima Twitterアカウント☆
https://twitter.com/ima_ams

☆imaチャンネル☆
https://www.youtube.com/user/imaAMS

☆imaオンラインストア☆
http://www.ima-onlinestore.com

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!