プロフィール

目黒毅久

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:321
  • 総アクセス数:2751471

QRコード

サーフェスウイング147F

  • カテゴリー:釣り具インプレ
  • (ルアー)
さて、今回はルアーのインプレを書いてみたいと思います。

タイトルの間も無く発売のJUMPRIZEサーフェスウイング147F(最終プロト)です。

fhxodzm7hjoj5vuh54ag_920_660-43dfc8e8.jpg

井上友樹氏のご好意で発売前のプロトを1本頂きました(^^)

宮城はまだシーバスシーズンではないのですが『JOKERさんのフィールドで投げてみて下さい』との事でした。

早速色々見てみます。

4cfcrtkpzmx43d6o4kjz_920_690-f533a1dd.jpg

5bzk7494ik9fp98b5cbz_920_690-ba085800.jpg

拘りの詰まったリップ。

482ysgtkgsdn2t4agzwx_920_690-489b6cfa.jpg

プロトなので背面にネームのプリントもありません。

そしてリング&フックを装着。

99mxscoj4b6jwggvpyvz_920_690-fe6c6488.jpg

リングは#4、フックはがまかつのSP-MHの3番をセット。

さーて、早速キャストしてチェックです!


サーフェスウイング140Fは移動重心ウエイトにはタングステン球を3つ使っているのでブッ飛ぶとの事。

BlueBlueのBlooowin!140Sも確かタングステン球を3つ使っていてブッ飛びなんですよね?

こちらはまだ入手出来ていないのとBlooowin!はシンキングモデルなので今回は別な比較ルアーを用意。

140サイズでは『飛ぶ』と評判のサイレントアサシン。

今回は同じくフローティングのサイレントアサシン140Fを用意しました。

njv3xf9g9d5r68f8mb86_920_690-341a2a65.jpg

大きさはほぼ一緒、ウエイトも一緒です。

さて、使用タックルですが…

obdz8iicn39rj8s3684w_689_920-bb54d6e7.jpg

今回は私の今年のメインタックルを使用。

ロッド:APIA VANCOOR92H

リール:DAIWA CERTATE 3012H

ライン:よつあみ WX 8 1.5号+ナイロン30lbリーダー2ヒロ

ほぼ無風状態で10回づつ投げてラインスラッグを取りリールの回転数から計算しザックリと平均値を出してみました。

3012Hは1巻き95cmなのでサーフェスウィングの平均飛距離は66.5m、サイレントアサシンは61.75m…

平均で5m弱サーフェスウィングプロトの方が飛びました

140裂波より飛ぶアサシンより更に5m飛ぶとは…

しかも相手はAR-C、重心移動式はバラツキが出て不利かと思いましたがバラツキ具合いも遜色なし。

太いラインに太いリーダーを2ヒロ、おまけにロッドは9.2fなので余り期待はしていませんでしたがかなりの飛距離と思います。

各地の釣友も何名か井上氏からプロトを預かった方がいるのですが磯マル、磯ヒラメインの方々はもっと長尺のロッドを使ってキャストしてるので恐ろしい程の飛距離が出るとの事でした。

ちなみに後から聞いた話ですが井上氏の開発テーマの1つに『アサシンより飛ぶ事』も含まれていたとの事でした(^_^;)

さて、飛距離は間違いないとわかったもののルアーの立ち上がりが遅くては意味がありません。

心配していたのですがそちらも問題なし。

拘りのリップ形状のお陰か水噛みも良くルアーの立ち上がりも思ってたよりかなり早い

ルアーがどの様な状況か手元に来るインフォメーションも上々。

自分のメインフィールドは流れのある河川ですが間違いなくドリフトの釣りにも適していると思います!

釣友は既に磯やサーフでかなりの乱獲を見せてくれているのでルアーの実力は申し分なし!

早く宮城のシーズンが来ないかと今から待ち遠しいです(^^)

iPhoneからの投稿

コメントを見る

目黒毅久さんのあわせて読みたい関連釣りログ