プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:527
  • 昨日のアクセス:770
  • 総アクセス数:2147744

QRコード

続き

  • カテゴリー:日記/一般
つ・・・つまらん・・・。

アホらしくって言葉も出ねぇよ。

仕事の愚痴を書いても仕方が無いからココらへんで止めておこう。


さて、リーダー長いよ?って話の続き。

PEにリーダーを結束するのにも色んな結束の方法がありますが、一般的に言うと、摩擦系と結束系の2種類。

摩擦系は字のごとく摩擦によってリーダーを保持する結ぶコブの出来ない結束方法。
有名なところが ”FGノット” ”PRノット ”等々。

結束系?って言うのが正しいかどうか分かりませんが、結んで結束する方法。
有名なところが ”電車結び” ”サージェンスノット”等々。

どちらもメリット、デメリットがあるのですが、結束強度の高い摩擦系ノットを覚えておいて損は無い。

汎用性が高く、0.1号から5号、10号・・・太さに関係無く安定した結束できるのが良い。
組み付け方も色々とあるけれど、竿とリールを結束器具代わりに使えるのと、ドラグの強弱で締め着ける強さを調整できるのでマズはこちらがおススメ。


極細から1号くらいまでならコレで充分な結束強度が出ます

ただ、この組み付け方すると編み付けをシゴキ上げる動作をしてしまうので アーマードフロロプラス を使う時はおススメしない (笑

アーマードフロロプラス を使う時は編み付け部分にストレスの掛からないPRノットが良い。
簡単に200円程度で自作できるので試して見て欲しい。

7d9txpszbsrgswtniy32_480_480-57e2922d.jpg
少し太くなると締め着け力が上がらないから不安?細糸ならコレ良いねぇ~

PE0.8号にリーダー3号くらいまでならコレで充分な強度が出せます。

grawzohoc3go4jjjco6c_480_480-e82aa92a.jpg
アーマードフロロプラスのPRノット。ハーフヒッチをやんわり結んで行くのがキモです

一方、結んで組み付ける結束系。
ラインてPEに限らずナイロンもフロロも結びコブを作ると著しく強度が低下。
ただ、PEとの結束方法に限っては結んだからソコの強度低下で切れる事は殆ど無いはず。

何故でしょうか?

もちろん例外もあるって事前提で書きますが、エギングのシステム、PE0.8号にフロロの2.5号を電車で結束。
ジワリと引っぱると間違いなくPEがリーダーを締めきるはず。

結ぶ事による強度低下では無く、伸びずに細いPEがリーダーをギロチン!しちゃうって事 (笑

それが顕著に、簡単に試せるのが ”ノーネームノット”。

見た目はFGノットそっくりなんだけど、上記のラインで試すと気持ちの良い位PEを結んだところでアッサリ締めきってくれます。


ただ、摩擦系のノット、安定して組めるようになるには練習が必要で・・・
私も慣れないうちは毎晩のように捨てPEでFG組んでは引き千切り・・・組んでは引き千切ってました。
もちろん細いのから太いのまで。

流石にPE6号に100lbのシステム組んだ時は外に出て支柱に括りつけて引き千切りましたが (汗

最近は安定して信用できるFGノットが組めるようになったので練習はしなくなりましたが、PE使うなら ”FGノット” 覚えておくべきですね。

ああっ・・・今夜も酔っぱらっちゃって途中から何書いてるか分からへんようになってしまいました (笑

 

コメントを見る