プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:45
  • 昨日のアクセス:627
  • 総アクセス数:2150668

QRコード

CQC55

  • カテゴリー:日記/一般
明日は夜も明けきらぬ時間からお付き合いでお出かけやねん。
本当に人が良いと言うか、断れないと言いますか?
来週は四国へ行くし、その次の日曜日は中途半端な時間にチョットだけ仕事になりそうな塩梅で暫くはユックリと朝から終日休めそうな日は無いのでありました。


さて、先日のアジングで久しぶりに使ったティクトのCQC55。

2gibjwoz6amd3skx9mzd_480_480-99df02a3.jpg

所有する道具の中でも最高級品の竿なので大事に、ここだ!って時にしか使わないのです。
だって、貧乏性なので奮発して買った道具は勿体なくって使わない性格。
道具は使ってナンボでしょ?な気もするんだけど、間に合わせの道具で気がすんじゃったりしてな。

この完全1ピースのCQC55なんだけれど、発表された頃はクソのカスみたいに散々言われていた竿。
短すぎて飛ばないやら、足元の障害物を回避できない等々・・・それはそれは色々と言われてましたけど、いざ発売されて使ってみると?
わたしもその辺の感じを抱いたのは否めません。

発売年度は忘れちゃったんだけれど、この竿が現在のアジングロッドの基礎、基本となったのは現在の数多あるメーカーのラインナップを見ても分かるはず。
どこも挙って5ft台の ”短くって役に立たん!” っと扱き下ろした長さをズラリと、ラインナップしないメーカーが無い程の標準化した長さになっている。

時はちょうどボートアジングし出したころで、船上での取り廻しの良い短い竿・・・更に1ピースってならもうこのCQC55しか選択肢が無くってね。
実際に手に入れて使ってみると本当に目からうろこ?
今までの充分にアタリを取って掛けれていた感じの更に上の上を行くんです。

アタリの感じ方は使ってみないと分からんよ?って言うしかないんだけど、高弾性ソリッドのアタリの出方は凄く鋭い。
更に良い!と感じるのがブランクデザイン。
全長が非常に短いので何処まで曲げて何処で受けるのか?
その辺の味付けが絶妙で、適度に曲がる穂先部分は硬いようで微妙に柔らかく、素直に曲がっていく中間部にがっしりとした腰。
短いブランクに上手くまとめたデザインで凄く硬いような気がするけれど、実は全体がすごくシナヤカで曲がる。
良型のサバを掛けてもバット部分はガッチリと受ける強靭なブランク。

e99x983459hwow6cmprc_480_480-42a62673.jpg
  ↓↓ その時のログはコチラ! ↓↓
https://www.fimosw.com/u/m900/xx1ibsj4xkuyo8

アジングロッドらしからぬ大口径ガイドを極限まで少なく乗せてるのでしっかりと物足りなさを感ずることなくジグヘッドが飛ぶガイドセッティングも良く考えられている。

ごく柔らかい、チョット特殊なベロォ~ンッ!と曲がるテイルウォーク・ムーンウォーカーAJ 64SL/ti と、安くてもソレなりにアジングになるリアルメソッド・アジングGRⅡ510S を使いがちだったけれど、久しぶりにこの竿を使ったら良いモノはやっぱり良い!って思ったね。

ちょっとお高いのが玉に傷なんだけれど、この竿は本当に良く出来ています。


 

コメントを見る