プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2019年11月 (31)

2019年10月 (34)

2019年 9月 (31)

2019年 8月 (34)

2019年 7月 (32)

2019年 6月 (32)

2019年 5月 (34)

2019年 4月 (30)

2019年 3月 (33)

2019年 2月 (28)

2019年 1月 (35)

2018年12月 (33)

2018年11月 (33)

2018年10月 (32)

2018年 9月 (32)

2018年 8月 (31)

2018年 7月 (31)

2018年 6月 (29)

2018年 5月 (32)

2018年 4月 (31)

2018年 3月 (32)

2018年 2月 (29)

2018年 1月 (32)

2017年12月 (33)

2017年11月 (32)

2017年10月 (34)

2017年 9月 (40)

2017年 8月 (36)

2017年 7月 (35)

2017年 6月 (32)

2017年 5月 (33)

2017年 4月 (31)

2017年 3月 (35)

2017年 2月 (31)

2017年 1月 (35)

2016年12月 (32)

2016年11月 (31)

2016年10月 (34)

2016年 9月 (31)

2016年 8月 (35)

2016年 7月 (35)

2016年 6月 (31)

2016年 5月 (37)

2016年 4月 (36)

2016年 3月 (32)

2016年 2月 (31)

2016年 1月 (34)

2015年12月 (32)

2015年11月 (31)

2015年10月 (35)

2015年 9月 (33)

2015年 8月 (37)

2015年 7月 (33)

2015年 6月 (34)

2015年 5月 (39)

2015年 4月 (34)

2015年 3月 (32)

2015年 2月 (32)

2015年 1月 (35)

2014年12月 (36)

2014年11月 (33)

2014年10月 (35)

2014年 9月 (30)

2014年 8月 (37)

2014年 7月 (33)

2014年 6月 (30)

2014年 5月 (36)

2014年 4月 (36)

2014年 3月 (37)

2014年 2月 (31)

2014年 1月 (35)

2013年12月 (34)

2013年11月 (33)

2013年10月 (35)

2013年 9月 (31)

2013年 8月 (34)

2013年 7月 (37)

2013年 6月 (40)

2013年 5月 (35)

2013年 4月 (30)

2013年 3月 (18)

2013年 2月 (8)

2013年 1月 (18)

2012年12月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:93
  • 昨日のアクセス:878
  • 総アクセス数:2156050

QRコード

小さかったな   ~ティップランエギング

予報では夕方頃から風も弱まり波高も低くなる、穏やかになる予報だったんだが・・・・

終業後に港に行くと

”ダダァァ~ン!!”

っと、ウネリが残ってて打ち上がってるよ?
しかも昼過ぎからは北風に代わって波頭の崩れた白波がチラチラ。
期待満々で来たって言うのに!
時刻は17時半、帰ろうかとも考えたんですが、南から北に変わった風、日が落ちて気温が下がると西風に変わるはず。
ウネリは残るだろうけど、初めの数十分の辛抱やな。

日が落ちるのを待ち、18時を少し過ぎた頃に出港。
一歩港を出ると・・・・予想通りの波とウネリ。
風を後方から受けつつの南下なので波を被る事は有りませんが、後ろからの風に、前からのウネリ。

”ダッシャァ~ン!バッシャァ~~ンッ!”

っと、船腹を打ちながらの移動。
あまり南下したく無かったのでウミタマゴ沖は切り捨て。
道路護岸の8~10mラインの駈け上がりでヤッテ見るか。

今夕持ち込んだタックルは2セット。
テイルウォークのティップランエギングロッド、新旧のML/SLモデルの2本。
リールはどちらもケンクラフト・エクシアMX2000。
PE0.6号にフロロカーボン8lbのリーダーを3ヒロ。

9tmsxim3zvma8e8owg4x_480_480-3297dafd.jpg
使えば使う程新型の硬さが気にイラネぇ!

エギはテキトーな色、種類。下地のカラーだけ変えて着けておきます。
浅場を流すので追加錘は1.5号、5g。

ドキドキな一投目。

慣れた釣りでも一投目のワクワク感は堪らんねぇ。

ウネリが高く穂先が安定しませんが、船がやや風でイクのと、軌道修正も兼ねて船を漕ぐので意外と船が行きます。

底取りからの一回目の巻きシャクリ。
エギをシワリ・・・・・っと、穂先に乗せてからの待ち。

日中のティップランエギングは穂先にエギが乗ってきた瞬間にアタル事が多いんですが、夜のティップランはジックリと見てから触りに来る事が多いので日中より長く、気分的に倍程の時間を掛けて船引きの横引き。

時間にして5秒位かな?

”・・・・・・ニュゥゥ~~ン!!”

それはもう、気持ちの良い程の引きこみアタリ。

一投目の一回目のシャクリで 

”ドスッ!クィィ~ンクィィ~~ン!”

cuo6acoieohcsvh9z2w9_480_480-643dcfa4.jpg
ドンブラコ、ドンブラコと船は大揺れw これ以降の写真は割愛!って、言うか撮れねぇよw

大きくないですが、揺られながらも出た甲斐が有るってもんです。

歩道からタチウオ釣りのウキが点々と投入されているので思うように護岸沿いを流せませんがそれでもポツポツと。
気が付けば何時の間にやら風も収まりウネリの余波が残っている程度の釣り日和。

”トンッ!”

っと、着き戻しのアタリでアワセのタイミングが合わず。
空アワセすると逃げるし、アタってからもノホホンと見せてると見切られるのでアタってアワせ損なったら直ぐに底まで落とす。

気合十分、神経を集中して次の誘いで乗せてやる!って、感じで巻きシャ・・・・ドスッ!

既に抱いておりました。
写真は無いが、フォール、底で抱いた奴って脚の深い所に掛かるのよね

フォールで飛びついてきた奴って釣った気がしねぇんだよ。
これ、明るい時間なら着底寸前のライン動きや、着底までのタイミングの差で乗ってるのが分かるんですが、夜の視界の限られた釣りではフォールのアタリは絶対に取れませんな。

ポイントを転々としながら場荒れしてきた感じの20時に終了。
お土産で持って行っても格好の着く程度は釣れたでしょ。

帰港後に数を勘定、水揚げの重さを測定。

v4skd3dkvf4s2whemye3_480_480-1e3b4dd6.jpg
2時間でこの数・・・・釣れたと言って良いのか?しかし・・・・小さいなw

200~300gクラスを中心に13杯。
総重量が3200gを少し超えた位。

小さかったな今夜のモイカ。
まぁ、時期的に言えば平均的なサイズなのかもしれませんけど、もうちょっと大きめの500~600gクラスが2、3杯混じると4kg超えるんだけどな。

まぁ、まだ10月ですよ。
これからコレからです。




    小潮
干潮(時間)潮位(cm)
    9:02(82) / 22:53(117)
満潮(時間)潮位(cm)
    2:16(162) / 16:19(196)

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

生物電気という要因
1 日前
rattleheadさん

家族で紅葉狩り
3 日前
平田孝仁さん

若潮ランカー
3 日前
タケさん

カタクチシーバス×2
3 日前
BlueTrainさん

ミノーのカラー考案してみた …
5 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
7 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
7 日前
ねこヒゲさん

一覧へ