プロフィール

イダ釣り名人

埼玉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:15
  • 昨日のアクセス:78
  • 総アクセス数:325916

QRコード

解禁準備

  • カテゴリー:日記/一般
黒川虫ニンフ、巻いて
厚めにテンカラ巻いて
タンのボディで逆さ毛鉤を。
 

続きを読む

竿は曲げない意識

  • カテゴリー:日記/一般
フライフィッシングで12mほどの距離を投げられる人が、テンカラ竿を手にすると、ヘナヘナして前に飛ばない。これはよく見かける光景です。理由は、フライキャスティングで『ティップを一直線に保つ』ことを意識して右手がほとんど使えていないから。
これは、『竿先に刺した小さな果物を前後に飛ばすイメージ』という初…

続きを読む

びっくりライン

  • カテゴリー:日記/一般
いやはや、J州屋で以前見かけて買っておいた、京都の名人の付いたオレンジラインを先日川で使いましたが、驚きました。
最初、数回投げてあまりに前にメインで使っていた頃と違いすぎるので???と思いシゲシゲと見てみたらガビーン!
ゴワゴワでコブだらけで尻切れトンボ。
何じゃあこりゃあ???
こうした結び目が下…

続きを読む

延べ竿へ糸をつなぐ

  • カテゴリー:日記/一般
リリアンとの接点になる天井糸を作ります。
写真はフライリールの下巻き用のダクロン30ポンドを使っていますが、使い勝手が最高ですね。
但し、結び方を工夫しないと結び目が大きくなってしまいます。
先ず、テンカラ糸を指に絡めて8の字を
中指の下でひねってから上に返すと下の様になりますね。
で、この穴に天井糸を…

続きを読む

追記:初試練

  • カテゴリー:日記/一般
実は通風で、延ばし延ばした初釣行で、友人と現地にお昼待ち合わせで、管釣りへ。
で、自分は抜け駆けして8時に到着。
スピンキャストで「バカバカに鱒釣るモンね!」のつもりで、約2時間2~3gのミノーを投げ続けましたが、反響なし。
意地で8ポンドの道糸を使い続けましたが、ルアーの通過にあわせて、鱒の皆さんが…

続きを読む

キャスト練習のためにアマゾン

  • カテゴリー:日記/一般
春になったら、大きなフライを使うので、空を飛ばさずに水中からバシューン♪とシューティング・スペイしよう!
そこで、これを。
スペイは公園では無理ですから、川に行かないと。だから3月3日正午解禁に備えて年券ゲット6000円。
ライト2ハンドの12F#6番をクリスマスにヤフオクでゲット。まあ、逸品中の逸品…

続きを読む

スリングバッグを新調

  • カテゴリー:日記/一般
渓流の解禁に向けて準備中です。
スピンキャストやテンカラの軽釣行に何かいいものないか探していたら、若い友人のアドバイスでこれが。
まあ、安くても高品質。パタゴニア偉いなあ~
パタゴニアのフロント・スリングバック。
ちなみにフライの大型リール2台、ソルトフライケース2箱、パック竿2本付けても余裕の収納で…

続きを読む

達人と云えばこの人

  • カテゴリー:日記/一般
fcllaboの津留崎さん。
鬼才、巨匠、別格。
動画見てるだけで腹一杯になりますね。
なんか、雰囲気がサンダル履きで漁港に様子見に来たようなオジサンが、山猿の如く断崖の磯を高マキして、次々にヒラスズキや鯛や青物を掛けていく。
「こんな感じです!」と魚を掲げるだけ。
カッチョ良いですねえ。。。
 

続きを読む

ベイトの名人を発見!

  • カテゴリー:日記/一般
 Enjoy Fishing Channel謎のSAITOさん。
フリップやスパイラルを駆使して、ピンスポットにマシンガキャスト。水面上数センチをスプーンやミノーが枝の隙間を潜ってスポットへ。。。はあ~凄すぎます。そのテンポがまた早業で見とれてしまいますね。
また、ガンガンの本流でミノーをウェットフライのようにダウンクロ…

続きを読む

凄い名人を発見!

  • カテゴリー:日記/一般
Christopher Rownes 英国人。
ああ、やっぱし。
Mel Kriegerさんのお弟子さんですね。
究極のフライキャスティングは何処にも力が入っていないようで、弛みと無縁の完璧なタイトループです。アングラーの終着目的地と云って良いでしょうね。
嗚呼、基本からやり直さないと駄目。。。
 

続きを読む