プロフィール

境港人(y-nax)

鳥取県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:18
  • 昨日のアクセス:259
  • 総アクセス数:334555

QRコード

そろそろ暖かくなってきました。 本格的にシーズンインですね。

継ぎの緩み

2ピースの竿は使い込んでるうちに、継ぎが必ず緩くなります。
そんなときは、ボンドなんかを薄く塗って、ペーパーで擦り合わせ。
iPhoneからの投稿

続きを読む

ガイド届いた

ウルトラライトロッド用のガイドが届いた。
ティップ部分はチタンで、ベリーからバットにかけてはステンレス。
理由は、デカいガイドのチタンは高価だから。
竿全体の重量を軽くしようとすれば、ATガイドにバットガイドもチタンがいいかもしれないですが、ティップブレを抑えるにはティップ側だけで十分かな。
バットガイ…

続きを読む

ウルトラライトロッド(ソルト)

久しぶりにロッドビルディング。
かなり久しぶりな気がする。
今までは、カサゴ、メバル、アジといえば、~3/8ozのLクラスの竿を使っていましたが、釣れる魚のサイズがいまいちなので、もっとライトな竿を使ってみようかと。
あと、メバル釣りは10年くらい前に卒業していましたが、何となく食べたくなったので(主にカサゴ…

続きを読む

作業は計画的に

竿の色が気に入らないので塗り直そと思った菊子83。
ガイドを外したところです。
が、しかし、ガイドポジションを計ってなかったので、もう一度ガイドセッティングからやり直さなあかん
iPhoneからの投稿

続きを読む

リールシートの大きさ

左はDPS16という型番で、右はDPS17という型番です。
最近は、DPSタイプより、次のVSSタイプの方が使われることが多いです。
VSSにも16と17という型番があり、主に16はバスロッドなどの軽量ロッドや、シーバスのライトロッドに、17サイズはシーバスのMLクラス以上に使われることが多いです。
最近は、ロッドやリールが競っ…

続きを読む

リールシート交換

リールシートは、交換すると言っても外れるわけではないので、元々付いているリールシートは解体します。
金鋸で二本切れ目を入れて、隙間にマイナスドライバーを差し込んで剥がします。
金鋸で切れ目を入れる時に、くれぐれもブランクに傷を付けないように細心の注意を払います。
ちなみに、裏技のようなものですが、半田…

続きを読む

ロッドパーツ届いた

メバル竿でも作るかぁ。。
iPhoneからの投稿

続きを読む

切れすぎには注意

グリップやガイドのエポキシを削ったりするときには、よく切れるカッターを使うべきなのは当然ですが、取り扱いには十分に注意してください。
ずっと止血を試みてるのですが、かれこれ3時間以上止まりません。
Android携帯からの投稿

続きを読む

ブランクの価格

定期的に問われる質問です。
市販のブランクは、完成品の竿だとどのクラスの竿(ハイエンドorミドルクラスorエントリーモデル)になるか?
私は釣具関係者では全くないので、結論から言えば「知りません」。
ただ、伝聞ではまま耳にすることがあるので参考までに(あくまで、参考までに)。
①だいたい、市販のブランクで4…

続きを読む

素材

VSSタイプのリールシートの竿を使っていてグリップ部分が凹んだことがあるのは私だけではないはず。
経年の使用でEVAが凹んでくる。なので、DPSリールシートに変更。
EVAだから凹む、コルクは凹まないということではなく、グリップの一部を握り込むのでスズキ用の竿みたいな強く握る竿だと、VSSリールシートは長年の使用に…

続きを読む