プロフィール

境港人(y-nax)

鳥取県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:384
  • 昨日のアクセス:164
  • 総アクセス数:323163

QRコード

そろそろ暖かくなってきました。 本格的にシーズンインですね。

【詳細】ナイロンとフロロの根ズレテスト【中編】

  • カテゴリー:釣り具インプレ

84nom3rz384nv2khah7k_480_480-dd632441.jpg

今回は、ナイロンとフロロの根ズレテストを行った中で、数字に表れなかったナイロンとフロロの違いを書いてみます。
書き始めるとけっこう長くなったので、なるべく要点だけをまとめてみました。
詳細について興味がある方は下記からもご覧いただけます。

 

耐摩耗性テストの実験結果


数字に表れなかったナイロンとフロロの違い詳細

 
 

ラインの切れ方の特徴
何度も何度もラインを擦り切る中で、ラインの切れ方が違うことがわかりました。
ラインの切れ方の違いについて、大きく分けると3つのグループに分けることができます。

第1 C社ナイロン・A社ナイロン(5号)
第2 A社ナイロン・耐摩耗ショックリーダー
第3 グランドマックスショックリーダー

 

第1グループ
C社ナイロン・A社ナイロン(5号)。
ナイロンは、擦っていると10往復目くらいからラインがブツブツに傷ついてきて、文字どおり「見た目がザラザラ、ブツブツ、ギチギチになっている」というような状態になります。
しかし、「あぁ~もうヤバい!」くらいのところから、少し粘ります。
このグループのラインは、サンドペーパーで擦れるのに「耐える」というよりは、サンドペーパーのうえを「滑る」というイメージ
なお、A社ナイロン(5号)は、スレ耐性は第1グループほどですが、切断面は完全に第2グループ。

 

第2グループ
A社ナイロンと耐摩耗ショックリーダー。この2つはラインの表面がまったくザラザラ、ブツブツ、ギチギチになりません。
第1グループよりも、はるかにサンドペーパーのうえを「滑る」という感じ。
この2つは擦って切るのはかなり大変でした。本当に苦労しましたよ、この2つは。

 

第3グループ
グランドマックスショックリーダー。これだけはフロロ。
フロロを擦っている時の感触は、サンドペーパーのうえを「滑る」のではなく「耐える」というイメージそのもの
擦っているうちに、ラインの表面が髪の毛の枝毛のような感じで剥がれてきます。
ただし、分かりやすくブツブツになるわけでありません。なので、ラインの表面だけ見ていると、「おっ!フロロは傷つきが少ないな!」と期待してしまいます。
しかし、見た目はそれほど傷ついていないように見えるのに、ある瞬間に突然「プチっ!!」と切れます。


 

スレの角度による違い

第1グループ
実験イメージ①のような角度でラインを擦った場合、第1グループのラインたちはサンド―ペーパーのうえを快適に滑っていくので、思ったほど簡単には切れません。
しかし、実験イメージ②のような角度でラインを擦った場合、ラインから「うぬぬぬぬ・・・」と聞こえてきそうなくらい「スレてる」感が伝わってきます。
結果一覧表からもわかるとおり、実験イメージ①の場合と比べると、ラインが切れるまでの往復回数がずいぶん少なくなりました。

 

第2グループ
このグループのラインは、どれだけラインの接触角度をキツくしてもサンドペーパーのうえを「滑って」いきます。
この二つはぶっちぎりで切れにくい。

 

第3グループ
特筆すべきはフロロ。スレ角度をキツくしても、思った以上に耐えます。
第1グループと比べても、スレ耐性(ラインが切れるまでの往復回数)の落ち込み具合が少ないです。
まさに「フロロがスレに強い」と言われる由縁かもしれない。

 

数字に表れなかったナイロンとフロロの違い詳細

 
 

まとめ
長くなるので、詳細は↑に記載します。
今回の実験では数字以上に興味深いことを体感することができました。
以下は、今回の実験で気付いた点です。
①ナイロンとフロロは切れ方が全然違う。
②ナイロン同士であっても切れ方が全然違うものがある。
③フロロ万歳!というほどナイロンと比べてフロロはスレに強くない。というより、ナイロンは滑るので思っている以上に頑張る。
④しかしフロロは、どんな角度で擦ってもスレ耐性を発揮する。ナイロンは、擦れる角度が変わるとフロロと同じくらいまで(またはフロロ以下まで)スレ耐性が低下する。
⑤極論だけど、#150のサンドペーパーに30往復も擦りつけて切れないのなら、ぶっちゃけナイロンもフロロもだいたいのスレには耐えるだろう。実釣での耐摩耗性はほとんど違いはないレベル(だと思う)。

 
 

注意点
今回の実験結果は、ナイロンおよびフロロの耐摩耗性を、個人的に保証するものではありませんので悪しからず。

 
 

お願い
私はナイロン:フロロの使用率は、9:1か8:2くらいでナイロンを多用します。
今回の実験に使ったフロロは、私がネットサーフィンをして「お、これ強いかも!?」と勝手に思ったグランドマックスを実験対象としただけです。そのくらい、フロロ製品について疎いです。
もし、フロロをよく使われる方で、「これも実験してみてくれ!」という製品があれば、是非、コメントからお願い致します。
直ちに実験に取り組むことはできないと思いますが、今後の実験の対象に加えるかどうか最優先で検討致します。

今後も、他の製品で実験を続けていきたいので、ご協力お願い致します。

 

コメントを見る