プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:28
  • 総アクセス数:182053

QRコード

御褒美

  • カテゴリー:日記/一般
2017.2.25

休業のはずだったシーバス釣り。

裏切りは十八番。もう再開です。


お友達と馴染みの釣り場へ。

南のシケが明けて、春めいた水色になりました。


例年ならこの時期まずやらないミノーの釣りでスタートしてみます。

適当に数投して流れの向きと速さを確認すると悪くない様子。


緩めのジャークで引き切ると、突如足元に白銀が広がりました。

見えた頭はまずまずの大きさ。

フックが二本入っているのを見て、一旦ベールを起こしてリーチを作り、余裕を持たせます。

初めは割と大人しかったですが、結局黙っていてはくれず、虹竿をキッチリ絞ってくれました。

いつもの通り、網の小ささを後悔しつつ何とか水揚げ完了です。

5w2xu6vmu4zo9ofkwk58_480_480-d4dec1a1.jpg

竿も名折れせず一安心。

80ないでしょうなどとナメた事を言いながら滅多に使わないメジャーを当ててみると、83まで伸びて驚き。

wb3nwjmi2zb68f9xdvyu_480_480-def4899a.jpg

いきなり80upでしかも超美形。日中のミノーイングでこれが出ればもう帰っても良いくらいです。

何かに怯えつつ結局再開すると、割とすぐに反応が出ました。

y5nuihnnceocdokf9dsb_480_480-7da8bb4d.jpg

先発が長いとやたら小さく見えてしまうのが少々悲しいですが、贅沢は抜きで。


ひたすらジャーキングで魚を呼び出す釣りを展開します。

これまでこの時期には展開しなかった釣り。

固定観念が盲点を生み、数多の魚を取りこぼしているわけです。


少し間延びしたところで遠目のジャークからのスラック変化を逃さずフッキング。

8ru8hrayixgp7v3ztuee_480_480-5c4c019b.jpg

言い訳無用の道具なだけにジャーク直後の僅かな変化も拾ってきます。かなり爽快でした。

その後もジャークジャークでやり切りましたが、ソコリ界隈で流れが止まり反応は皆無に。

それでも上機嫌にて、一人早上がり。


帰りしなにはさらに御褒美。



糖質脂質完全アウト。

春目前の贅沢な一日でした。



Tackle
Rod:M-LTD
Reel:STELLA
Line:1.2

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

季節の変わり目の東京湾
4 時間前
タケさん

イガイルアーを作る
19 時間前
rattleheadさん

フローティングミノーを基準に…
21 時間前
有頂天@さん

ミノーのカラー考案してみた …
1 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
3 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
3 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
4 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
5 日前
RIKUさん

一覧へ