プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:24
  • 昨日のアクセス:16
  • 総アクセス数:182049

QRコード

冬の陣

  • カテゴリー:日記/一般
11/28(Sat)

東京湾タチウオジギングがロングラン中。

冬タチは未開なので、居ても立っても居られず。

船釣り仲間でもあるmskさんと様子を見に行ってみました。


始めは60〜70mの場所を流しますが、反応は無し。

厳密にはジグに噛み跡が着くので、居ない訳ではないのですが、何かが足りないから結果が伴いません。


早々に見切って向かったのは湾口。

水深150クラスです。

二流し目くらいで、不運にも理解不能な捨て糸&オマツリに巻き込まれ一時中断となります。

今年は出だしで躓くことが多いです。個人的に。


気を取り直して、水深に対して唯一使えそうなスピードフォール150gを狙いのタナまで入れていきます。

ワンピッチでドスンは夏場と変わらず。

en6xhjfxhi2u4mhhhap3_480_480-d44be2f7.jpg

水深を考慮すれば、大きなジャークも大した効果はないのかもしれません。

それでもジャークのリズム、レンジと投入角度がリンクすると指示ダナピッタリで。

ur63w63miv4fbow9hwdi_480_480-e312ff5e.jpg

一番大切なのは間違いなくレンジでしょう。

喰わないタナで何をしても無駄な事です。


レンジさえ掴めれば、連発モードもしばしば。

指示ダナ界隈でのジャークの間にズッシリ来る手応えはやはり中毒性が高いです。

cjz83dxobarju44kgub2_480_480-15b5fb0c.jpg

時にはジャークを止めてフォールに移った瞬間にガツガツ来たりもします。

2rgk453ymop9v98ux3zc_480_480-16489fa0.jpg

水深100mオーバーでも魚のアタリを感知できるPEラインは本当に凄いと心底思ってしまいます。


暫く調子に乗ってやっているとリーダーブレイク。

付け直して直ぐに。

ws222277ptwdyagbw9hk_480_480-7480acca.jpg

流し直しの一投目は、特に注意が必要なのは承知のはずが、いつも切れるのはそのタイミングだったり。

この辺りも改善の必要があるようです。


120〜130m位の水深で魚を掛けると、想像以上の負荷が掛かります。

何度途中で嫌になった事か。

ルアー釣りをしていて巻く事が苦痛になるのはそうそうありません。

6sr2ds9b99n9s24m8rfs_480_480-b71f3de9.jpg

電動は趣味に無いので不要ですが、せめてハイパワーな丸型に替えたいと思う今日この頃。


半ば筋トレの様なジギング釣行でしたが、数はそれなりに獲れたので、一安心です。

当初は良型なんかもという思惑もありましたが、そう上手くはいきません。


沖釣りにも学ぶ事が多数あります。

我ながら、節操の無さには呆れますが、豊かな東京湾を遊び尽くそうと思うとまだまだ足りない事が多いのです。


来年はあんな魚やこんな魚も釣ってみたいと思っていたりします。


Tackle
Rod:SRB63
Reel:SPEEDMASTER
Line:#0.8

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

イガイルアーを作る
12 時間前
rattleheadさん

フローティングミノーを基準に…
14 時間前
有頂天@さん

ミノーのカラー考案してみた …
1 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
3 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
3 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
4 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
4 日前
RIKUさん

まだ柔らかい北西の風
5 日前
平田孝仁さん

一覧へ