プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:7
  • 昨日のアクセス:20
  • 総アクセス数:182136

QRコード

軟体漬け

  • カテゴリー:日記/一般
10/6(Sun.)

日曜日もイカ釣り。飽きませんね。


早起きして昨日のポイントを見てから本命へ移動しようと計画するも、微妙に寝坊。

夜明けをやりたかったのが、起きたら夜明け。

朦朧としつつ、前日の記録をつけたところで本命エリアへ直行です。


北寄りは前日同様。勢いは収まったので一安心。

水辺には相変わらずトウゴロウイワシやら海タナゴやらスズメダイやら・・・


そんな景色を確認し、まずは追い風に乗せて遠投し広く探ってみることに。

すると、一投目から足元までチェイスチェイス。

ですが、手を出すようで出さない。カンナまで数センチというところでスッと引く。

狡猾です。下手が攻めればこんなものとも言います。

開始から小一時間は「間」がつかめずアオリに翻弄されてしまいます。


同じ箇所でいつまでやっていても仕方ないので、少し移動して足元の基礎に変化のある場所へ。

同様にチェイスの連続です。

ここで同じことをしていては、またやられてしまいかねません。

今度はまず、足元付近にイカを集めるイメージで沖目から早く大きくしゃくって足元は回収。

数回沖目から引っぱったところで基礎がらみを狙って手前20mくらいのところへ斜めに投入。

こんな手順を立ち位置を変えながら試行しているとサイトで御用です。

yuxxay2vx3twxoo5ot84_480_480-2831bdec.jpg

ちょっと小ぶりになってしまいました。

追ってくるイカの中には先のサイズよりも幾分大きいものも混ざっていたので、手を休めず同様の狙い方で攻めると・・・

6ozmrvsgb8uyosrhvs4m_480_480-00153fff.jpg

数投で追加。やはりサイトにて。

ただ、このイカを掛けた際、かなり墨を吐かれてしまい、折角作ったポイントを台無しに・・・。


仕方なく再び移動し沖から探っていくも、天気は快晴に。

同時に海底まではっきり見えるようになってしまいイカのチェイスも少なくなってしまいます。


カラーを金ベースからクリアに変え、探り歩く。

途中、イイダコなども登場しましたがこちらは即返却。

ボトムを丹念にやればスミもかなり混じるのですが、この日は対象外にさせていただきました。


暫くやったところで、先ほどイカの反応が良かった場所へ戻ると、エギが見えるか見えないかといった距離と水深でドスンと良い手ごたえが。

yg7mkg7vz9b9xci9ibk8_480_480-24ae13ae.jpg

300弱といったところですが、足元付近で掛けるとぐんぐん走るのでかなり楽しめます。


そして、恒例の沈黙タイムへ。

あまりにもアオリの反応がないので、ボトムに付ける回数を増やし、気持ち半ばでスミも狙います。

比較的数も多く、活性も悪くないスミイカですが、そんな輩には冷たく、何故かバラシ量産です。

強引にやっているわけでもないのですが、何故か途中でフッと抜けるケースを3回も。


午後は期待していた上げが想像以上に効きもはや釣りにならず。

ボトム付近をドリフト気味に流してこちらを水揚げしたところで終了となりました。

biafpcyop6g449guc6nk_480_480-689bb51a.jpg

先日よりも大きくなっています。

こちらはこちらでとても美味なイカ。外道扱いですが邪険にもしません。


二日に渡り軟体追跡をした結果、さすがに手首にガタが・・・

フィジカル面も要トレーニングです。


Tackle
Rod:LC86/widerange
Reel:TWINPOWER
Line:#0.6
 

コメントを見る