プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:32
  • 昨日のアクセス:21
  • 総アクセス数:181994

QRコード

噛み合わず

  • カテゴリー:日記/一般
2/21(Sun)

狙っていた潮周り。

早春シャローウェーディングを企てるも、週末嵐予報です。

二週続けてこの展開は正直萎えましたが、文句を言っても何も変わらないので、別の釣りへ。

土曜は寝坊スタートで、ご近所へ向かいましたが、カスリもせず・・・


日中に打ちのめされた後、ギリギリまで空模様と睨めっこしましたが、天候は一向に良くならず、やはり断念となります。


例年、遊泳力の弱いエサを狙った魚が大量に入り込むエリア。

雨風の事はさておき、気温や潮の都合だけ考えれば、悪い条件ではない筈と足を運んでみました。


薄暗いうちから釣り場に入り、ゆっくりと身支度を整えたところで、まずは目につくストラクチャー周りを狙っていきます。

小魚を追い回すような時期ではないですが、単発で居着く個体がいたら良いなと。

広く手早く探ってみた結果は、水面まで来たのが一回だけで撃沈。

他の箇所にも手を出そうか悩みましたが、本題は違うので、キッパリ見切って次へ。


前夜にバチやらアミやらを追っていた魚を意識して、変化の少ないボトム周りを丹念に探っていきます。

追い風に乗せて目一杯キャストし、ボトムをロングトレース。

時々、フォールを入れますが、適当にやるのではなく、ラインの色を見ながら織り交ぜる箇所を変えていきます。

暫くキャストを繰り返していると、残距離60m位で入れたフォールからの立ち上がりでしっかりとしたバイトが出ました。

一匹目。釣れないクンなりに無駄に慎重にやってみるも、足元まで寄せてポロっと。


次。

今度は、70m位の位置で入れたフォールの瞬間に違和感を感じた為、そのまま巻き込んでみたところでガツンと。

r9mk93jne4xxypa2toh4_480_480-fe260b2e.jpg

ガップリ。

追尾を感じ取った後に出る確かなアタリは、相当楽しいです。

喉奥にはバチの残骸の様なものも確認できました。


狙いが絞れれば、手数を増やすだけです。

遠投したり、ちょい投げしたりと広く探っていきます。

次の魚は沖からのロングトレースで。

39exmoaoeoh3j3bag9ez_480_480-55a88cf3.jpg

また丸呑み。

今度の魚は、溶けたバチを吐きまくりました。


フォールでバンバン糸が跳ねますが、なかなかフッキングまで至りません。

ここから上がるのか、そのまま抜けてしまうのかなどと考えつつ、しっかり止まったラインを見て即座にアワセを。

ni2duzs7z262htikis63_480_480-26350586.jpg

ちょっとサイズダウン。掛からないのは、大きさの問題ではないというのが、個人的見解です。


このままソコリまで近くをうろついてくれれば良かったのですが、足の速い群れだったのか、はたまた腕が悪いのか、風と流れが変わり始めると反応が途絶えました。


強まる風の対策を考えつつ、ソコリ界隈の展開に期待するも、諸事情により早退する羽目になりました。

暖冬などと言われ、気温・気候共に安定しませんが、海の中は着実に進行しているようです。


Tackle
Rod:CARDIFF
Reel:STELLA
Line:#1.2
 

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

今日の釣行。
21 時間前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
1 日前
RIKUさん

鹿島灘サーフヒラメの印象
1 日前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
2 日前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
3 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
3 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
3 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
9 日前
こいのぼりさん

一覧へ