プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:22
  • 総アクセス数:182098

QRコード

アフタヌーンで

  • カテゴリー:日記/一般
10/2(Sun)

毎週出張。南南で北みたいな具合です。

おかげ様で溜まった日常業務をこなす為、土曜も働かなければなりません。

年末が怖くて仕方ない今日この頃。


折角の休日も健康診断の為、半休です。

ところが、診断会場は通い慣れた海の目の前。

やるしかありません。


午後イチからダラダラ出かけてみました。

途中の模様で赤っぽい濁りを確認し、引き返そうか悩んだりしましたが、折角出てきたので。


干潮に赤濁り。まず釣れない展開のはずでしたが、開始10分足らずで一杯目。

k2zminbzvsrgo6mzrnuy_480_480-480d3053.jpg

小ぶりなこの子がこの後の悲劇の火付け役でした。


簡単に釣れてしまった事から、とりあえずエリアを広く探りますが、反応は乏しく、チェイス数回とバラシ一回であっという間に2時間以上が経過。

やめ時が掴めないまま、ハイタイドを迎えます。


普段あまりやらない側にベイトが溜まっていたので、少し粘ってみると、足下近くでボンヤリ見えたエギが消し込みました。

apykgnowctb4jxvxmjgx_480_480-f3bb06e5.jpg

とりあえずキープサイズ。

同じ面の沖合でもう一つ追加です。


満潮時で明らかに活性が上がってきているのを実感。

そんな良い雰囲気の中、細かいイカパンチを何度もくらってからの渾身のフッキングをバラシて落胆したりしました。

イカはいます。沢山。後は此方の問題です。


かっ飛ぶ潮にエギをぶち込み、流しながらのアプローチを試みます。

遠くは、スラックジャーク。近くは早め細かめの連続ジャーク。

しゃくっては、横に歩くみたいな怪しい釣り方です。

半端な距離のボトム付近で一気にラインが走ったところをジリッと。

jic23n84rrxb49kkmie6_480_480-e9a24df0.jpg

300位のが出るようになりました。

嫌なバラシがあったので、やや慎重に。

タナが深くて潮が速いとなかなか浮かず面倒ですがそういうところが良く釣れます。


その後、イカの溜まり場を発見するも獲れたのは一杯だけ。

moyjk5acpibmz8izo56x_480_480-790180de.jpg

そんなもんです。

エギが中々落ちないくらい良い具合だったんですが、乗せきる事が出来ませんでした。


また一つ課題ができたところで、撤収。

適当スケジューリングでも充分楽しめる東京湾エギングはやはり素敵です。


Tackle
Rod:LC86
Reel:TWINPOWER
Line:#0.6

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

生物電気という要因
8 時間前
rattleheadさん

家族で紅葉狩り
1 日前
平田孝仁さん

若潮ランカー
1 日前
タケさん

カタクチシーバス×2
1 日前
BlueTrainさん

ミノーのカラー考案してみた …
4 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
5 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
6 日前
ねこヒゲさん

一覧へ