プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:29
  • 昨日のアクセス:15
  • 総アクセス数:181905

QRコード

充実

  • カテゴリー:日記/一般
7/19(Sat.)

この日も懲りずにオフショア修行。

あまり良くない予報からか、船中まさかの2名のみという大変ありがたい展開にて、スタートとなりました。

普段、ミヨシや舳先はパスするのですが、この日はさすがに遠慮せず。



岸近くの浮き物はスルーしていきます。魚が大して着いていないそうです。

30分ほど走ったところで船速が落ちました。

コールと同時にキャスト。ほぼ貸切状態なので、思い切り投げられます。ステキ。

まずは万能なボラドールLSを入れてみるとジャーク一発でドン。

3amr366iortp9twwa7ut_480_480-6ca65869.jpg

80後半のメス。幸先が良いです。

以降も魚の反応は衰えず、バラシても瞬時に次の魚が襲ってくるほど。

流し直しをせずとも次々に群れが入ってきてヒット量産の嬉しい展開です。


フレッシュな個体の群れというのもありますが、シコイワシなどのベイトが大量に入っていたのも好要因だったようです。

掛ける魚は軒並み80、90クラスです。

泳ぎ回る群れの中にはそれ以上の個体も多数います。

n7wi52emoj3b6b6hg5te_480_480-31940481.jpg

90弱のオス。オスはメスと比較すると引きが凶暴な気がします。

着水音をわざと大きくしアピールしてみたところ、見事に遠目から飛びついてきました。


開始3時間ほどでキャッチは二ケタ近く。ヒットは倍以上でヘロヘロです。

トップにシンペン、ジャークベイトと、何でもありというイージーな展開ですが、カラーに関してはピンク系に寄っていような感がありました。

曇天ローライトの影響でしょうか?良く分かりませんが・・・


結局、朝から4時間近くをシイラ釣りで過ごした後、さらに沖に向けて船が移動します。

鳥の動きに変化が現れるとたちまち加速して一直線で現地へ。

たどり着いた先ではメジ混じりのカツオナブラが出ています。

選んだルアーはアトゥーラ35g。

確かな判断基準はありませんが、なんとなく進行方向を予測して投げ入れてみると即ヒットです。

o5855vz2zpkngtzhfkb8_480_480-e898f7b8.jpg

やりました。カツオくん確保です。2㎏弱といったところ。

スピード感満点の引きは強さこそないものの、それなりに楽しめます。


シイラにカツオと狙い目を揃え、後はのんびり遊ぼうかと思っていたところ、船は突如、大きな鳥山に向けて猛ダッシュ。

異様なまでの鳥の数。その下には、巨大なイワシ団子。

そして、目の前で20kg以上は確実と思われるキハダ達が凄まじい水柱を上げています。

道具的にも能力的にも絶対無理としか思えない状況。でも投げてしまいます。

もちろん、そんな弱気な心構えでは相手にされることもなく・・・

圧巻。

その一言です。

しばらくは忘れることのできない光景となりました。

何年掛かるかわかりませんが、いつか仕留めます。たぶん。



今回も色々と収穫のあったオフショア釣行。

次回の課題とステージに向けて色々悪巧み中です。


Tackle
Rod:BlueSniper
Reel:TWINPOWER SW5000
Line:#2

コメントを見る