プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:28
  • 総アクセス数:182053

QRコード

Study

  • カテゴリー:日記/一般
7/14(Sun.)

これまで、やってみたいと思った釣りは、自分に言い訳半分で志半ばに終わっていたことが多かった。

今年は、そいうのはナシで。


近くて遠い相模湾。まともに釣りをしたことすらありません。


「混雑・治安悪し・潮風で車が・・・」


ネガティブ思考は忘れたことにして、自分を奮い立たせ、いざ。

船席は敢えて胴。ましてや、初めて訪れた船宿では必ず胴。勝手な思い込みマナーですが、これも勉強の為です。

tkih47ge8v39ngsgv3rp_480_480-664bbe2d.jpg

烏帽子岩を横目に沖へ沖へ。


最初のパヤオは獲物がチラホラ。常連さんは早々に竿を曲げていました。すばらしい。

数回流し直すも、自分のペンシルには出きらず・・・追尾まではあるのですが、何かが足りないようで。


トップは諦め、ジャークベイトをしゃくることに。

低弾道で気持ち遠めに決まったキャスト。3、4回緩めにしゃくったところで一気に真横に持っていかれました。

ショートポンプのゴリ巻きですんなり寄ってきたかと思えば船べりで大暴れ。

青いうちに獲ってやろうと思いましたが、無理でした。

k6fix2x5cwyo3npivvb2_480_480-5882133e.jpg

90あるなし。メス?

船長の計らい?で滅多にやらないブツ持ちです。顔は見せられたものではございません。

お魚の顔があれば良し。


とりあえず無事に狙いの獲物を確保できたことで安堵。そして欲張り始める。

ところが、パヤオを後にして以降、フラツキもほとんど見つからず、悶絶クルージングへ突入する羽目に。

見つかるのはシラス着きのカツオのナブラばかり。

またこのカツオどもが非常に難しい。もとい、自分の力量では、まず無理と学びました。


カツオの追い掛け回しに費やした時間。約3時間・・・。

終盤は再びフラツキ探し。

一発掛け損ね、再投入したとこで出てきたのは・・・

poi4jid6hiz6zmbngioy_480_480-7108f95e.jpg

ペンペン。

ラストのパヤオでも2発即バラシで終了・・・。


最後はサバでお茶を濁して帰港となりました。


足りない事だらけ故、学ぶ事だらけのオフショア。

今年は本気。


Tackles
Rod:BlueSniper70/TrueBlue66ML
Reel:TWINPOWERSW5000/4000
Line:#2/1.5
 

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

季節の変わり目の東京湾
4 時間前
タケさん

イガイルアーを作る
19 時間前
rattleheadさん

フローティングミノーを基準に…
21 時間前
有頂天@さん

ミノーのカラー考案してみた …
1 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
3 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
3 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
4 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
5 日前
RIKUさん

一覧へ