プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:7
  • 昨日のアクセス:16
  • 総アクセス数:180044

QRコード

勝負の時間

  • カテゴリー:日記/一般
7/20(Sun)

予定詰め詰めな連休最終日。

それでも釣り主導です。


釣友mskおじさんと一発勝負へ。

ちなみに、勝負などと格好良く言っていますが、デカイの狙いとかそういった類ではありません。

狙いの場所とタイミングを絞って魚を獲りに行く。それだけのことです。


釣り場に到着すると、流石連休とあって人は多め。

満潮に加え、風は殆どありません。

大してヤル気もありませんが、念の為、チェックしていきます。


大方の予想通り、僅か一時間ほどでギブアップ。


潮周り的に下げれば流れが入るはず。潮は薄濁り。

じたばたせず、勝負の時間までダラダラ過ごします。


2時間以上休憩していると、何をしに来たのかわからなくなってきましたが、残り一時間で、いざ。


まずは潮流チェックです。

通常とは逆に流れています。二枚潮な雰囲気も。

いきなりマイナス要素ですが、これも勝負の内と思えば。


手元に伝わる引き抵抗だけを頼りに持てるイメージを膨らませてアプローチします。

程なくして一発を引くも即ジャンプでアウト。


今日は負けました。



と、諦める訳がなく。

手をつけていない箇所とラインを集中砲火します。

ラスト30分を切った頃、普段なら回収に入る位置に差し掛かるところで、何を思ったのか小さくティップを弾いてみます。

そこから回収に入った瞬間、腕ごと引っ張られるアタリが出ました。

w3ve7mnm6x5ibjwsmohg_480_480-a268dc81.jpg

70は無さそうでしたが、極太の夏鱸。

一切の不満はありません。


5時間も釣り場にいながら、真剣に釣りをしたのは数時間。

勝負師。憧れます。



Tackle
Rod:CARDIFF
Reel:STELLA
Line:#1.2

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

ライトでウェーダーの穴を特定!
19 時間前
ひびき さん

上からレンジを刻むヒラメ釣り 
1 日前
ケンスケさん

遠くで根魚狙ってみた。オマケ…
2 日前
ワカメマニアさん

波動砲w
2 日前
rattleheadさん

自身のスズキ釣りにインパラが…
4 日前
平田孝仁さん

タックル選びの難しさと楽しさ
5 日前
有頂天@さん

D(ダシ)ー1 グランプリ(笑)
7 日前
西村さん

教えることの難しさ、伝える事…
10 日前
ねこヒゲさん

一覧へ