プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:22
  • 総アクセス数:182098

QRコード

終了?開幕?

  • カテゴリー:日記/一般
11/6(SUN)

週半ばの祝日は寝坊をぶちかましシーバスは見送り。

代わりに近場にてイカ探しをするも全くの見当違いで何事もなく。

来る週末はがんばって起きてシーバス探すぞと。


先週、肩空かしをくらったエリアに三度。

数は出てるようですが・・・如何に?


夜明けと同時にスタートするも、この数週間にあったようなラッシュは全くなく・・・

霧が出てしまっていることもあって、鳥も遥か上空を右往左往。

非常に雰囲気悪し。

オールレンジ無反応。


早くも何時にやめようかなどと考えながら何気なくルアーを回収していると、かなり手前でビックリパックリ。

ちびっこ・・・そしてバラシ。


でも、この魚をきっかけに少し方向転換。

見失った沖の魚を切り捨て、手前のラインをレンジ操作しながら探ってみる。



いました。

50くらい?

このタイミングで、あわせる気にもならないようなショートバイトが数回。


迷いなく喰ってくる感じではなく、だらだら追ってきて上昇軌道で口を使うかどうかといった印象。

恐らくこのタイミングを外したら自分には魚が出せなくなると思い、引き続き同様の釣りを展開してみる。


定速で巻き続ける中、タグボートの曳き波が寄せてきた瞬間、手元に違和感。

明確なスリップストリーム。

程なくして、ルアーが上昇し始めたところで「ドン!」と。




全身飛び出しての超豪快ジャンプを披露してくれた元気で腹太なジャスト60。

以降、上げも少しがんばってみるも、チビを2発出しただけで、3時間ほぼ沈黙。

雨がひどくならないうちに退散致しました。

いよいよ冬の釣りにシフトしていきます。


Tackle
Rod:CARDIFF93
Reel:STELLA4000
Line:PE#1.5

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

生物電気という要因
8 時間前
rattleheadさん

家族で紅葉狩り
1 日前
平田孝仁さん

若潮ランカー
1 日前
タケさん

カタクチシーバス×2
1 日前
BlueTrainさん

ミノーのカラー考案してみた …
4 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
5 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
6 日前
ねこヒゲさん

一覧へ