プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:22
  • 昨日のアクセス:43
  • 総アクセス数:181941

QRコード

贅沢

  • カテゴリー:日記/一般
10/20(Sun.)

折角の日曜日。一日フリーにして、雨風模様ときた。

ツラーイイカ釣りは考えただけで吐き気がするのでパス。

前日に魚が見れた場所に朝の数時間だけと決めてエントリーです。


強風と雨の為か、釣り場は誰もおらず。足元の極浅い箇所でエサを食む黒鯛が丸見え。

そんな景色を横目に90m沖でも水深5、6mほどしかない場所へ。

期待の一投目。

一撃バイトでご満悦も足元ですっぽ抜け・・・

気を取り直して二投目。飛距離が足りないためかスカ。

三投目。再びヒットもまたバラシ。

こんなことを二回繰り返してやっと。



前日同様アタリ数が半端ではありません。



この日は若干サイズが落ちました。

マメサイズもちょいちょいチョッカイ出してきます。

バイトは遠めでも出るし、比較的近い場所でも出ます。
ですが、最初から手前に入れても反応が薄い。

レンジの問題なのか、はたまた追跡してきた固体が上昇軌道に反応しているだけなのか・・・?

雨風に打たれつつ、そんなことを考えながら釣りをするイタイ人。



何が真実であれ、より遠めから引いたほうが有利なのは間違いなさそうなので、風がキツイ中でもがんばって投げます。



前日ほどではないですが、反応はそれなりに。

アタリが出始めれば2、3ヒットが続く典型的な回遊群れパターンです。



いいとこ掛かれば外れません。

水位的にはまだこれからといったところでしたが、干潮が近づくとともに流れが強まります。

一瞬期待したものの、大して振るわず・・・



最後はちょっと深い方に移動。



二日ともアップクロス気味のアプローチが肝心でした。

ダウンで当てるより遥かにアタリが増えたのは、この釣りの面白いところです。

イージーな展開でも、色々考えながら釣りをするのが好き。休日の短時間を贅沢に使わせていただきました。


Tackle
Rod:MJS872
Reel:EXSENCE
Line:#1

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

まだ柔らかい北西の風
10 時間前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
15 時間前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
24 時間前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
1 日前
ひびき さん

サーフフィッシングで貴重な体…
1 日前
ケンスケさん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
7 日前
こいのぼりさん

秋の夜に響く破裂音
8 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ