プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:7
  • 昨日のアクセス:22
  • 総アクセス数:181948

QRコード

春雨

  • カテゴリー:日記/一般
4/11(Sat)

週末雨模様にもずいぶん慣れてきました。

雨だからどうこうと言った考えはありませんが、レインを着るのはちょっと面倒です。


この日も適当なポイントチョイス。


活性の高い魚が浮いていれば儲け。居なければボトム叩きで気を紛らわすプランです。

色々できる釣り場はやはり貴重。


朝から小一時間は高め早めで仕掛けてみましたが、相手にしていただけず。


あまりに何もないので、ボトムを突きはじめます。

着底したらタダ巻き。それだけです。

ひたすら同じことを繰り返すわけですが、カラーや立ち位置、スピードやロッドポジションを変えると、単調な釣りが一気に複雑化します。


着底までにスプールから出たラインは80m。

そこから10m巻き込んだ辺りで魚が着いた感触が出ました。

そのままの姿勢とスピードを保ちつつ、リールを数回転。

xf7xv7nooijr88i7g9j9_480_480-7c842d07.jpg

納得の極太70upでした。


その後、来月辺りには熱くなる箇所をチェックし、現状、何もないことを確認。

先の魚が出た辺りに戻り、今度は鉄板バイブをダウンクロスで引いていきます。


しばらくやった後、やっとボトム界隈でヒットに持ち込みました。

mp44mb3jasvmuxhsnojo_480_480-c38642f8.jpg

此方も中々の太さがあった魚でした。


構って頂いたお魚は以上。


何も見えていない中で釣りをしていると、何とも言えない不安と緊張に苛まれます。

それこそ、釣りの醍醐味かもしれません。


Tackle
Rod:CARDIFF
Reel:STELLA
Line:#1.2

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

鹿島灘サーフヒラメの印象
4 時間前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
21 時間前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
1 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
1 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
1 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
8 日前
こいのぼりさん

秋の夜に響く破裂音
9 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ