プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:6
  • 昨日のアクセス:22
  • 総アクセス数:181947

QRコード

SILENT

  • カテゴリー:日記/一般
9/18(SUN)

今週もいつもの海。

こうして毎週、釣りに行けるだけでも充分幸せ者だと思うようにしている今日この頃。


様々な期待を胸に海を眺めると水については、もはや台風の名残はなく、南風に圧された漂流物がある程度。

先週のような狂ったナブラもなし。

しかし、周りを見渡せば、やはりサバラッシュ。


そうなると、毎度のようで芸がないですが、今日も粛々とフッコ釣り。

静かに・・・でも、狙いはしっかり定めて際をトレース。




粛々と際一投目で。

50ちょい。

朝日に照らされ黄金シーバス。

次の魚も割と早く出る。



ちょっとサイズダウン。

同じ魚じゃないですからね(笑)撮り方がヘタクソなだけです。

明らかに前回よりモーニングの反応が悪い。


青物の影響?人為的プレッシャー?水の変化?

言い訳ってのは、考えだすとキリがないですね(笑)


とりあえず続行。

トレースラインにやや疑念をいだきつつ、ぼーっとピックアップ寸前のルアーを眺めていると・・・



50後半。あまり元気なし。

水面ちょい下でひったくっていきました。


至近距離の釣りにはよくある事。

魚体と反転を視認して手元まで引き込んでから冷静にアワセる。

一瞬の判断。

ちゃんとできるとウレシイ。

ビックリアワセだとちょっと情けない。

掛け損ねたら最低。


今日は珍しく良くできました。

ここまでバラシ無し!フックシステムをちょっといじってみた効果でしょうか?

この調子でと気合いを入れるも・・・

「?」

出ない。

終点間際でチビがチョッカイ出してきただけで、完全に魚を見失う。


以降、シーバスはもとより、サバにすらフラれどうしようもない人に。

結局、フックシステムの検証すらまともにできず、終焉ムードでいたところ、足元付近に漂う物体が気になった。


「・・・??」


なんとアオリの新子発見!4兄弟。まあ、コロッケ以下の極小ですが。

ゴミかと思ったらしっかり足生えてました(笑)

ダルい潮流の中をふわふわサスペンド。

形的にも動き的にもシリヤケではないでしょう。


川崎の海で逞しく生き延びるチビアオリにうれしくなってちょっとチョッカイを出してみる(笑)

健気に触腕を一生懸命伸ばして、ススっと追ってきたりでさらに微笑ましい!

見切って逃げる様も。

とはいえ、あまりイジメるのも良心に反するので、そっとしておくことに。


最後にかわいい子たちに癒され沈黙の海を後にしました。

次回以降、ミニマルを常備します。


Tackle
Rod:CARDIFF93
Reel:STELLA4000
Line:PE#1.5

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

鹿島灘サーフヒラメの印象
1 時間前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
18 時間前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
23 時間前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
1 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
1 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
7 日前
こいのぼりさん

秋の夜に響く破裂音
9 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ