プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:5
  • 昨日のアクセス:11
  • 総アクセス数:182014

QRコード

トップ日和(其の二)

  • カテゴリー:日記/一般
5/10(Sat.)

バチの釣りを終えて仮眠を取り、今度は半日デイゲームへ。

RYOくんを拉致して、馴染みのエリアへ向かいます。


選んだポイントは初めての場所。

勝手もよく分からない以上は、欲張らず、しゃしゃらず、知ったかぶらず。


釣り場に到着すると、驚くほど浅い水深に加え澄み潮。

第一印象は「こんなんで釣れるの?」という疑問しか浮かびませんでした。


まずは、水深に合わせミノーをチョイス。

適当に投げてジャーク・・・隣でトップ炸裂。

RYOくん一撃でキャッチ。早々に大変良くないものを見てしまいました。


ここは素直に合わせてみようと、バッグを漁りましたが、あれこれ試そうと用意したトップ系ルアーが入っていません。車においてきたようです。

唯一、手元にあったのは・・・

ts6km2gyetscvz2ejycv_480_480-4898c781.jpg

往年の名作TDペンシル11(初期モデル)。

購入してから12年が経ち、もはやボロボロですが、デイシーバスをやる場合、未だ、どんな釣り場にも必ず持ち込んでいるお守り的ルアーです。


11cmでいけるものかと若干心配しましたが、投げてみればすぐにシーバスが襲い掛かってきました。

ところが、初場所のファーストフィッシュはお約束のバラシ。


「今日はトップ日和だね」と偶然(?)居合わせたのぶさん。

意味もなくトップ縛りを決行します。

厳密にはTDペンシル縛り。これしかありませんので。


ミノーやジャークベイトの誘惑に惑わされつつ、キャストをしていると少し離れた場所で単発ライズが発生。

特に狙い撃ちすることもなく、ルアーのボリュームで魚を呼び出すイメージで早くタイトに動かしていくこと数回。

突然、全身を飛び出してのド派手なバイトが。

重みが乗ってから、ななめ下に叩くように気持ち程度のアワセをいれます。

x7tg49xakmcfzvwshtxy_480_480-dfc10a0a.jpg

陽のある時間にトップウォーターで釣る。個人的には至高の釣り。

この一本でほぼ満足してしまうオメデタイ人種です。


もはやサイズや数は、どうでもよく、バラそうが乗らなかろうがひたすらTDペンシルを動かし続けます。

iv8xbsptd8v2bsdnx2xc_480_480-64a94d4c.jpg

10分足らずで追加。

1トレースで2,3発アタックしてくる光景は圧巻。

ただ、ボイルが出るほどの状況ではありません。

浅い水深と澄み潮、ヤル気のある魚そういった条件が丁度マッチングしている印象です。

ヤリトリ中に複数匹の魚が、しつこくついてくるあたりにも活性の高さが伺えます。

3hn53ymus9yd9b2k2cy7_480_480-1db053a9.jpg

フロントフックがカンヌキにガッツリ。満足度はさらに高まります。

vixwtgfy43ifh75yp9ga_480_480-f0da7807.jpg

ちょっとサイズアップで、もはや言うことなし。

yegngm77yz64g8m2neio_480_480-d4d2998f.jpg

ダメ押し。

獲れたのは写真の数でしたが、ヒットは倍以上、バイト数など、もはや不明。

トップオンリーで2時間近く遊べてしまうという刺激的な展開にご満悦です。


ただ、好調が続くはずもなく、潮が止まる頃にはトップはもちろん、諸々の反応が失速します。

加えて、北風が一気に加速。釣りもままならないほど。

手練れのガイド達とお話をしたり、予定外の少ない手持ちを投げまくったり・・・軽く抜け殻状態ですので、釣りはほぼ適当。

そんなことをしていれば・・・

a9fzz9tp89p5x6u5chph_480_480-59b9acb2.jpg

久々に釣りました。

ふざけすぎた自分を余所にガイドはオーバー12のミノーで見事キャッチ。

触発されてミノーを投げ始めます。

ただし、手持ちは弱気な8cmクラスのものだけ・・・

jepsdyko5b2cgeihtd6g_480_480-de8fd0a5.jpg

がんばってジャークしてアピールし続けたところ、何とかかまっていただけました。


初めての場所で刺激的な釣り。

多くは語らずとも、実釣で魅せてくれたガイドのお二人に感謝(RYOくん、のぶさんありがとうございました)。


Tackle
Rod:MJS872
Reel:EXSENCE
Line:#1

コメントを見る