プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:28
  • 総アクセス数:182055

QRコード

学べ

  • カテゴリー:日記/一般
9/29(Sun.)

先の連休はシーバスで撃沈。加えて、強風でノーゲームと散々な結果に・・・

やはり、やりたい釣りをやるのが一番良い。

懲りずに東京湾のイカ探しへ。


週中に接近した台風明け。海は予想通りスケスケです。

数が入っていればサイトも楽しめそうな状況ですが・・・


まずは、ひたすら投げ歩く展開。

どこに着いているか分かりませんので。


そして、結局、1時間弱が経過です。

チェイスもなにもなし。


闇雲にやっても自分のスペックでは敵わないと判断し、少しでも環境の良さそうな場所に陣取ることに。

干潮寸前。トウゴロウイワシの群れがフラフラと寄ってきます。

やや潮上に投げ入れ探ること数回。やっと出たアタリは乗らず・・・

そのままシャクリを入れて足元まで引いてみると、数杯が追跡中。

ウダウダやって見切られたりする前に回収し再投入です。


再び足元まで接近・・・

74u59in8m4dbsbhvndgm_480_480-8a1f3b25.jpg

少々小ぶりでしたが、嬉しい一杯。100gあるなし程度でしょうか。

サイトは楽しいです。偏光忘れを心底反省。


暫くはサイトで遊んでみるも、そう長くは続かず、1バレのみ。

再び移動しつつ、遠め近めと投げ分けながら探っていく。


着水からのファーストフォール。着底でドスン。

yyrt4huc64vkfiyjzhwp_480_480-7dccd471.jpg

危険生物スミイカ(本スミ)。水揚げ時に回転しながら墨を撒き散らす極めて危険なイカ。

昨年はレインシャドーをやられたので、ビクビクしながらの水揚げでした。

釣り味の無さと墨の厄介さはさて置き、江戸前スミイカの魅力は大きい。


結局、午前の部はアオリ1とスミ2。


期待していた上げ止まり界隈は何かがマッチせず、何の反応も出せないまま、昼下がりを迎えます。


下げ始め。敢えて横方向に強く流れる風表に立ち、無理矢理エギを放り込んでみる。

ろくに飛ばない上、波立つ水面にラインを取られてしまう非常に釣りにくい展開です。

しゃくってからのフォールはほぼドリフト状態。

これで乗ってきたら面白いなと思っていた矢先。一気に潮下にひったくられました。

nbd98z3v6ykzftkzvs72_480_480-4fdd572b.jpg

荒れた水面下でのヤリトリはなかなか緊張します。

流し込みもアリのようです。学習事項。

激流の中でも手を出してくる固体がまだいるなら、数が抜けるかも・・・と考えつつも、次のキャストは全く間逆で潮の緩い場所。

普段、エギをしゃくる際には軽く持ち上げてから動かすのですが、軽く持ち上げたときにはすでに重量感が・・・

mzn4c8nunswh543ynvh6_480_480-fbb77581.jpg

居食いならぬ居乗り。こちらも活性を上げたようです・・・。

イカの活性が上がり気味であることからラストスパートとばかりに投げ倒す。


狭い範囲を行き来するうちに、足元付近に子イカが数杯見え隠れしている箇所を発見。

付近にもう少し大きいのもいるのでは?と少し沖目を探る。


一発当たったような?

角度をつけて違うコースでアプローチすること数回。

気持ちの良い引き込みに少し強めのフッキングを。

kvwwv8wrccrab3cttcw2_480_480-1f0d0692.jpg

マズメマジックに感謝の一杯。


結局、終日イカ釣りをしたところで休日終了。

利き手のだるさが心地良いです。


Tackle
Rod:LC86/widerange
Reel:TWINPOWER
Line:#0.6

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

季節の変わり目の東京湾
21 時間前
タケさん

イガイルアーを作る
1 日前
rattleheadさん

ミノーのカラー考案してみた …
2 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
4 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
4 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
5 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
5 日前
RIKUさん

一覧へ