プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:19
  • 昨日のアクセス:16
  • 総アクセス数:182044

QRコード

忙しなく

  • カテゴリー:日記/一般
7/21(Sun.)

今週もまた違う釣り。

夏は短い。故に忙しいのです。


狙うは毎年恒例のマゴチ(エサ釣り)。

この数週間、情報に睨みを利かせていたものの、イマイチの様子。

とはいえ、良くなったという話が出てからでは、もう遅いんです。

以前からこの釣りを楽しみにしていたという変態を誘い近所の海へ。

 

まずは海の状況観察や道具の感覚を馴染ませることから。

2週間前は100gのジグをシャクリ、先週はオフショアロッドを振り回し・・・今週はフィネスタックルのエサ釣り。

それでも夏は遊び足らないわけですが。



期待の朝一。例年ならば多少は反応が出るところが、不発。

それどころか、まさかの3時間アタリもなく・・・


やっと取れたアタリもすっぽ抜けで苦戦の一方。

潮止まり界隈の定番のタイミングでやっと一発。

e43dj4wsdb4g4rwnzfpr_480_480-ff31f47f.jpg

45cm。厚みのある良い魚でした。

アタリからフッキングまでのなんとも言えない緊張感は、やったことのある人にしか解かり得ないものかと。


ルアーの釣りでは、まず体験できない感覚ですが、使っている道具は、ほぼルアータックル。

「専用」という文字がつかない釣りは、道具立てから釣りの内容まで色々な部分でやりがいがあります。


今シーズンの初物を無事に確保できたところで、期待値を上げていくも、続きはなく・・・

途中、気分転換にバイブレーションを投げてみたりするも、こちらは当然無反応でした。


続くチャンスは上げ始め。

護岸のぶっつけから左右に潮流れが割れる箇所へ移動を試みる。

3g程度のごく軽量な仕掛け故、潮流れの判断は容易ですが、流れがあるほど操作に難が・・・。

一方で仕掛けを重くしすぎると極端に喰いが落ちる・・・。

エサなら釣れて当然という認識はありません。


程よく流れる筋を見つけたところで、仕掛けを流しつつ、砂泥系のボトムを意識して探ります。

流れ続けた仕掛けが止まったところで、ティップを数センチ持ち上げ聞いてみると独特の感触。

そのまま上方向に強くあわせて竿をへし曲げる。

4x5c4yxjm8zzovo6kdvk_480_480-5592fd81.jpg

アワセもしっかり決まり、カンヌキ掛けの一本は40cm程度。

そして同じような位置からもう一本。一匹いると何匹か固まっていることが多いのも特徴的です。

uvnyzgmnywo3x6efnmbh_480_480-1a85c7b5.jpg

サイズダウンで30半ば。お隣でぐったりしているのがエサのハゼ。

情報通り、この日もご機嫌斜めのようで、なかなか反応が出せず苦戦の一日となってしまいました(Ryoさん申し訳ない!!必ずリベンジの舞台をご用意します。)。


次はどんな魚に出会えるか。夏のお楽しみは膨らむ一方です。


Tackle
Rod:TX74MH 激流monster
Reel:EXSENCE CI4
Line:#0.6

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

イガイルアーを作る
5 時間前
rattleheadさん

フローティングミノーを基準に…
8 時間前
有頂天@さん

ミノーのカラー考案してみた …
19 時間前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
2 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
3 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
4 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
4 日前
RIKUさん

まだ柔らかい北西の風
5 日前
平田孝仁さん

一覧へ