プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:20
  • 総アクセス数:182133

QRコード

影響なし

  • カテゴリー:日記/一般
7/12(Sat.)

台風一過。

ただ、関東圏については、さほど影響はなかった模様。

午前中に大きく下げる潮周りを狙って短時間釣行です。


現地に到着するも、狙いのポイントに一目散はせず、目ぼしい箇所を味見することから。

1時間ほど探りましたが、結果は何もなく。


満を持してプチ海水浴。

ソコリ前のシャローエリアは潮流れも抜群で、潮色こそ赤みがかってイマイチですが、雰囲気は良い具合です。

程なくして、お決まりのブレイク周りで小さなバイトを拾います。

4ym6psaedybn4atbhdf6_480_480-fd090bd5.jpg

魚も小粒でした。


以降、しばらく投げ歩くも、反応を出せず。

ふと、釣り座とは異なる方向に目を向けると、追い込まれたカタクチが水面に。

すると、かなり近いポジションで青物のボイルが発生しました。


見る限り、サバのようですが、ボイル撃ちなら楽しめそうなので、ルアーを替えて様子を見ます。

丁度、正面30mほどのところでバシャバシャ。

これは空振り。


イワシがざわつく潮上方向を眺めていると、案の定ボイル。

と、同時に低弾道でキャストし、ボイルの先にバンジーキャストを入れます。

ミディアム程度の速度でユラユラとシャクると一撃で。

8wsrtugp5yhsre9f4mpe_480_480-6940ac4c.jpg

思いの外、良いゴマサバ。

持ち帰る算段を取っていなかったので、やむなくリリースです。


サバのボイルはこれっきり。敢えて沈めて探るまででもないので、元の釣りに戻ります。


流れが緩まり、タイミングの到来を予感させる状況。

沖目のフォールバイトを掛けるも今度は大カマス(本カマス)。

干物にしたい気持ちを押し殺して写真だけとグリップを入れようとしたところ、跳ねて逃走。

クーラーが無いときに限って、酒の肴が良く釣れる不思議。


気を取り直して遠投気味から探りをかけていきます。

再び、ド沖でバイト。たぶんシーバスです。バレます。

今度はブレイク手前で。ジャンプ。死亡。

同じような展開を計5回。


短い時合を一切モノにできず終いでタイムアップとなってしまいました・・・


色々な釣りをしていますが、スズキのルアー釣りほどバレる釣りはないというのが現状の認識です。

次は、また違う釣りを・・・


Tackle
Rod:CARDIFF
Reel:STELLA
Line:#1.2

コメントを見る