プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:2
  • 総アクセス数:182057

QRコード

惨敗、その後。

  • カテゴリー:日記/一般

9/24(SAT)

昨日はK-1GPに参加させていただいたものの、まともな検量サイズは軒並みバラシ、セイゴクラスを器用に集めた(検量してくださった方々、この場にて御礼申し上げます)結果、ミニマリストにノミネート・・・

小物マシーンの本領発揮と相成ってしまいました。

そして、実力の差、トーナメントの難しさをガッツリ実感致しました。

参加者の皆様、お疲れ様でした。



・・・明くる翌日。

釣りに行く気はあったものの、週中の仕事の無理・無茶が仇となり、必殺の寝坊。

完全に朝の時間は外してしまう。のんびりできるところは・・・

30分で行ける場所にとりあえず向かう。


現着すると、常連さんはマッタリモード。

モーニングはポツポツ反応があったそうで・・・

そんな景色を横目に人気のない場所にエントリー。


散々叩かれたことを想定してスローな釣りを展開する。

程なくして、ボトムからほとんど離れないうちにドスっと重いバイト!

柄にもなく大事にやって、魚体を確認。少なくとも60は超えている。

さあ、ネット・・・


アウト。


昨日の光景が一瞬で蘇る。

でも、腐っている場合ではない。掛けないことにはバラシもキャッチもないわけで。


気合で投げ倒しこれでもかというほどボトムをこする。




でた・・・また君たちか。

40あるなし。ピチピチ。


セイゴの恐怖に苛まれつつ、上げと同時に変化し始めた風と潮が気になりだす。

重い潮流の中、ルアーを叩くようにして探ってみる。もちろんボトム。

一瞬ラインがフケたと思った瞬間、身体はもうアワセてました(笑)


感触はセイゴではないことからまたビクビク・・・

しかし、ルアーが口中に掛っているのを目視すると俄然強気に(笑)



腹太の65。

君さ、昨日・・・・・・もうやめます(笑)


以降、ボトムやりすぎでルアーを一つロストしたところで、キリがよかったこともあり、終了致しました。


Tackle
Rod:CARDIFF93
Reel:STELLA4000
Line:PE#1.2

コメントを見る

登録ライター