プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:28
  • 総アクセス数:182053

QRコード

にょろっと

  • カテゴリー:日記/一般
5/2(Sat)

ゴールデンウィーク。

折角の連休ですが、何をしようか全く決めておらず。

風と日中の気候を視て、ふらっと馴染みの釣り場へ足を運んでみました。


にょろは各所で確認済み。この場所も当然出ているはず。

後はお魚のご機嫌次第です。


夕暮れと共に釣り場に入りましたが、お気に入りの場所がガラ空きで一安心。

これまでと少し状況が変わってしまったので、不安な部分もありましたが、釣り自体は何も変わらず。

いきなり遠投はせず、近場をアップクロスで流してみれば、ものの数投で。

own8offm2ggc9mczd36s_480_480-e03e8a37.jpg

バチを飽食しているのか、コンディションは抜群です。

下げに合わせて激流となったポイント。

ルアー云々より、トレースラインの作り方が肝心だと思っていますが、果たして?


着水からの流し始めとターン前後以外は、捨てて回収。

そんな慌ただしいアプローチを繰り返していれば、再びこの釣り特有の感触が出ました。

ujojtw59k9x2sifc7e2h_480_480-668dd6be.jpg

こちらは流し始めて間も無くでひったくっていったお魚。

ルアーを替えたり、コースを替えたり。

バチ抜けの釣りはやはり楽しいです。

o4zbo9y6cpsrkbea6cf7_480_480-2ba1a20e.jpg

皆、胃袋が異様に張っています。

流れも手伝って、ファイトは凶悪そのもの。


バチの引き波はソコソコ出ていますが、水面を割る魚は少な目。

良いモジリも何度か見かけましたが、絶好調の時のそれには到底及ばない状況です。


なんとなく、この日は合わないと感じていましたが、やはりお気に入りの力は絶大。

nn79n7esynu9gt3sf2f3_480_480-91c665b8.jpg

エリア10。ビョーキみたいなカラー。


大きめの潮回りとあって、魚の反応は明確でしたが、長くは続かず、キッパリ見切って早々に撤収としました。


手軽な港湾バチ抜けシーバス。この時期ばかりは夜行性となってしまいます。


Tackle
Rod:MJS872
Reel:EXSENCE
Line:#1


 

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

季節の変わり目の東京湾
2 時間前
タケさん

イガイルアーを作る
17 時間前
rattleheadさん

フローティングミノーを基準に…
20 時間前
有頂天@さん

ミノーのカラー考案してみた …
1 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
3 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
3 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
4 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
5 日前
RIKUさん

一覧へ