プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:6
  • 昨日のアクセス:15
  • 総アクセス数:181882

QRコード

夏の味覚

  • カテゴリー:日記/一般
7/20(Sun.)

珍しく連休です。

これから忙しくなることを考えるとゆっくりするのも手ですが、結局、釣りしに行ってしまいます。

このところ、月一ペースでしか足を運ばなくなった地元エリアへ。


朝一のタイミングは計画的寝坊でパス。

二の腕のダルさを感じつつ、のんびりと釣り場に向かいます。


海は赤系の濁り。面だけのようで、濁りの下にはイワシやサッパが泳いでいました。

しばらくは早目、表層を中心に投げていきましたが、何も起こらず。

適当にやり続けるとロクなことにならなそうなので、狙いどころをきっちり絞ることに。


朝から散々叩かれたであろう根周り。

昔はそんな状態でも魚を出せたのですが、このところは、サボり傾向も手伝って全く結果が出ていません。

根掛かりリスクの高い根に果敢にルアーを入れていきますが、やはり無反応。

シーバス嫌いになりつつあります。


そんなモチベーションに加え、「タコが・・・」なんていう情報を聞いていましたので、余計に集中できず。

釣れないシーバスは無視して、ハイリスクな根にブレードを当ててみます。当然、タコ狙いです。

コンタクトと同時に違和感が・・・

そんなに上手くいくものかと思いつつ、引っ張り上げてみると軟体系のウニウニとした感触。

タコを釣る為のルアーではないので、やや慎重に浮かせると宇宙人系のシルエットが・・・重量級です。

抜き上げは不可能と判断し、ネットで掬ってやりました。

yxes8rnj6satxthrt7ft_480_480-15885914.jpg

自己タコ記録更新。頭はソフトボール級。

もはや、シーバスなどどうでも良く、夏の味覚にウキウキです。

いきなり満腹サイズが出てしまったので、真剣にタコ釣りをする気にもなれず、また違う釣りを展開します。

竿とリールはそのまま。ルアーではなく、サビキを装着です。

シャクっては落としを繰り返していると、フォールが止まります。

u82v7jf4e2zbuhf44rrz_480_480-f8d39f40.jpg

待ってました。夏アジ。

コロっと肥えた体型が可愛らしさを引き立てます。食味も格別。

ただ、以降の反応はなく・・・コマセ無しのフラッシャーサビキなので、群れが固まっていないとなかなか数が伸びません。

アジ釣りはまた今度ということで、仕方なくシーバス釣りに戻ります。

再び根周り。

危険な根にコンタクトさせ続けること数投。着底からリフトしたところ、浮き上がったはずのルアーに重みが乗りました。

またタコかと思いきや、残念、シーバスのようです。

あまり引かないのでガンガン寄せると、フックが回り込んで厄介な事態に発展してしまいました。

shxohivogvtj7r8yf4bg_480_480-45076fea.jpg

50弱のフッコ。タコとか言ってすみませんでした。

一応、シーバスも釣れたので、今度は真剣なタコ釣り。

2.5号の普通のエギにスイベルを介して4号のナスを装着した定番リグで探っていきます。

緩い潮流に乗せてボトムを転がしつつ、リフトやシェイクを入れていくと根掛かり・・・ではなくタコのお出ましです。

gxcohnn5v8djrjro2p59_480_480-6116358d.jpg

今度は野球ボールクラス。近くにいたタコ師に献上しました。

数杯タコを釣って遊んだところでエギをロスト。グダグダタイムに突入です。

軽く食事を摂ったり、仲間とくだらない話をしたり。


そんな最中、片手間程度で竿を持って適当にルアーを投げ込みます。

このパターン。個人的には、相当な高確率で魚を引き当てることができます。

キモは狙わないこと、腐ること。でも、操作だけはしっかりと。

 最も腑抜けた状態で如何に釣りができるかが肝心です。

「釣れそうじゃない?」との問いかけに対し、「無理でしょ。」と返事。

数秒後に「ごめんなさい。釣れちゃいました。」

wbp87mn599i33mswm5np_480_480-c2fd8a28.jpg

網すら手元にないふざけたスタンス。本当に良く釣れます。

こういう時は動作が意図的になった段階で釣れなくなると確信しています。そんなもんです。


ただ、この一本で人間の活性は上がりました。

しばらく真面目に投げ込んで追加。久々に夏のシーバスらしい強いアタリをもらいました。

24w9eifwbobjznfbkwgv_480_480-6fa0dcde.jpg

50後半の魚は、体表こそ美しくありませんが、逞しさを感じるある意味良い魚でした。

以降もシーバスなんて・・・などと暴言を吐きつつ、真面目にやってみたところ、とあるタイミングで連発させるも、4戦全敗でKO。

夏の味覚をいただけるなら、シーバスの結果はどうでも良く。

夏はあっという間です。

Tackle
Rod:MJS872
Reel:EXSENCE
Line:#1

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

本当にあった怖い話
3 日前
登石 直路(nao)さん

新たなフィネス系サーフヒラメ…
3 日前
ケンスケさん

メーターオーバー、降臨!
4 日前
rattleheadさん

数釣行の様子。
5 日前
BlueTrainさん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
5 日前
こいのぼりさん

秋の夜に響く破裂音
6 日前
渡邉 雄太さん

道具
8 日前
平田孝仁さん

一覧へ