プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:21
  • 総アクセス数:181964

QRコード

水面遊戯

  • カテゴリー:日記/一般
10/27(Sun.)

台風直後。こうも毎週続くと、釣り物や釣り場選びに悩んでしまいます。

とはいえ、直撃系ではなかったので、大した変化はないだろうと踏んで、前回と同じ場所をチョイス。


現地に到着すると、セイゴクラスのボイルボイル。

たまにちょっと大きめのモジリも出ています。

どうやっても釣れてしまいそうな状況です。

当然、一投目からヒット。サイズは40あるなしだったので、即返却。

その後も一投一匹ペースで掛かるのですが、先日より明らかにサイズが落ちていまして・・・

例年、この展開を我慢してこそ、ご褒美クラスが捕れるかといったところ。

個人的には、我慢できないので、他に走るわけですが。


沈めてマメでは効率も色気もないので、トップ・セミトップ系で遊んでみることに。


まずは弱気にセミトップ。

オフショアの名残で高速ジャークをしたくなる気持ちをグッとこらえてダラダラチョンチョン動かしていきます。

バイトタイミングはジャークとジャークの合間。要はショートフォールです。

二回ミスしてようやく。



50弱ですが、なかなか良い体型です。

この後もボイル狙いのヘビーシンペンで遊んでみました。



サイズは依然40あるなしばかり。ボイルの大半もこのクラス。

ちびっ子イジメをしていても仕方ないので、11cmのTDペンシルに替えて完全トップで狙います。

結果。5バイト1バレ。しかも、一番マシなヤツを掛けたのに。

足元まで寄せてきたにも関わらず、バラした瞬間には思わず声が出てしまいました。

個人的には、トップで釣るのは特別。

次回の課題とします。


以降は下層をひたすら突っつく毎度の展開。

軒並みバラして終了です。


潮だ水色だと考えてしまいますが、最終的には釣り人側の問題。

さっさと見切ってイカ釣りへ向かいました。


(イカはシリヤケ一杯のみの不名誉。)


Tackle
Rod:MJS872
Reel:EXSENCE
Line:#1

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

今日の釣行。
60 分前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
13 時間前
RIKUさん

鹿島灘サーフヒラメの印象
18 時間前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
1 日前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
1 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
2 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
3 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
8 日前
こいのぼりさん

一覧へ