プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:7
  • 昨日のアクセス:22
  • 総アクセス数:181948

QRコード

一ヶ月経過

  • カテゴリー:日記/一般
10/12(Sat.)

東京湾アオリ追跡を開始して早一ヶ月。

他の釣り物も気にはなりますが、腰は重く・・・結局、身軽で手軽なこの釣りに傾倒しています。

秋の連休。中日は仕事的な用件もあって釣りは微妙なので、土、月を目一杯楽しみたいところ。


目指すはいつもの釣り場。風は強い南西でザバザバ・・・

とりあえずは風裏で無難に。


前回同様遠目から引いてくると、ふらふらと2、3杯が着いてきます。

ただ、エギとの距離が遠い印象。

サイトで狙ってもすぐに散ってしまいます。


エギをローテしつつ慎重に誘い続けてやっと一杯目。

p8yimv3cxdckmikiku6p_480_480-4b60b494.jpg

毎度のことでお恥ずかしいですが、小ぶりです。

エギはホロベース。

エギのカラーはカオス故、深入りは禁物。


次のイカを求めてキャストを続けていると、潮下から異様な生物が悠然と泳いでくるのが目に付きました。

目測でも胴長30cm近いアオリです。

目の前を通過していくのを確認したところで、一応進行方向外し気味でアプローチしましたが、当然無視され・・・

相手にもされませんでしたが、東京湾でもキロクラスが狙えるという確信と喜びを感じた瞬間。


気を取り直し、小粒ながら反応を示してくれるアオリを狙っていきます。

2fmpdmowsvtkjhia48iw_480_480-f7d76f5e.jpg

気持ち大きくなりました。追尾している様子がぼんやり見える中で、ラインの変化をバッチリアワセてご満悦。


この後、風の勢いが増し、かなり飛沫を受けるようになってしまった為、ちょっと釣りをしては避難の繰り返しに。

イカの数は多いのですが、サイズが細かい。3号だとあまりに見切られるので、試しに2.5で。

27h7uguo9vci3pf85nmv_480_480-6b6cf6a0.jpg

釣れるには釣れますが、やはり2.5は気がもたず、結局3に戻しました。


丁度お昼時。潮の兼ね合いも相まって時合突入です。

ixwbgf5p55vk2ttwkckp_480_480-d0e088de.jpg

沖目を流すとアタリが頻発するのですが、なかなか掛けていけず。

i89mfxfa2poj7u9b3w78_480_480-1107d32d.jpg

手を替え品を替えでなんとか追加できるかといったところ。

結局、7、8回のアタリが出ていたにも関わらず、獲れたのは2杯だけ・・・詰めの甘さがモロに出る瞬間です。


チャンスを丸潰しにしてしまったものの、潮が効きすぎない為かアオリは依然散らずに残っていて、遠いながらも毎投チェイスしてくる状態です。

r44c32fgpxe6uy5ga6n4_480_480-05913502.jpg

やってしまったミニサイズ。地面に着けずそっとリリース。


そして待望のマズメ。昼の時合を超える展開を期待するも思いの外反応は変わらず。

ucb55mdscf5jszpe4iyh_480_480-bdc62233.jpg

2バレの1獲り。

終いにはサバのナブラが発生し、戦意喪失したところでお開きと致しました。


季節物に滅法弱い性分。今年は後何回遊べるのか・・・


Tackle
Rod:LC86/widerange
Reel:TWINPOWER
Line:0.6

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

鹿島灘サーフヒラメの印象
4 時間前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
21 時間前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
1 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
1 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
1 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
8 日前
こいのぼりさん

秋の夜に響く破裂音
9 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ