プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:5
  • 昨日のアクセス:24
  • 総アクセス数:180081

QRコード

早起きは苦手

  • カテゴリー:日記/一般
11/18(Sun.)

最近はギリギリ週一休み。師走の影に怯える今日この頃。


久々にホームへ行こうかと思えば、毎度の寝坊です。

遅めのスタートも考えはしたものの、進路変更で某シャローへ向かうことに。

観音崎で北10m/s。まずまず。


現着すると、即、恒例の波飛沫サービス。

釣りをする前にして、濡れていない箇所がない状態。

普通の人はやらないくらいが、丁度良いんです。


開始数投。勝手知ったるトレースラインで即御用。



60前後。相変わらず綺麗。そしてプリ。

ちなみに、写真のサラシは平和な風裏にて。風表は・・・


この一発で、俄然、プリ狙いのパターンに決め打ち。

続け様に。



プリじゃなかった・・・

気を取り直して。



今度は下っ腹の出たプリ。

強烈なウネリと潮流で、どの魚も相変わらずの暴れっぷり。



しかし、流れが緩くなると、反応も遠ざかる・・・

わけでもなく。


波飛沫を浴びながらも、じっくり食わせどころを攻めるとポツポツ出てくるんです。



サイズダウンの50半ば。でも、理想的な魚体。



さらにサイズダウン・・・このポイントでは、走り回る50クラスが一番厄介だったり。


昼になっても波は依然、落ち着かず。

こうも荒れた日は、リールでルアーを動かすと、ラインが波に揉まれ、どんなに丁寧に巻いてもルアーが不自然な動きに。そして、見切られる。

そんな気がして以来、荒れ気味のこのポイントでは、ロッドでルアーを引っぱり、糸ふけだけを取りつつ、時々、ロッドアクションを加えるような釣り方をしています。

勿論、そんなふざけた釣り方のできるルアーは限られます。

ラインもルアーも波や流れに馴染ませるイメージで。



60クラス

我ながら、実に怪しいこの釣法。アタリも極めて怪しく出る。

一瞬ふけるとか、軽く引き込まれるとか。


恐らく、もっと有効な釣法があるのでしょうが・・・。


けれど、この日は何が合っているのか、これまで全て口中に針が入っている状況。当然、ノーバラシ。


開始から3時間。水深5m程のポイントに移動してみることに。

砂地に点在する岩を意識しつつ、できるだけ、波や流れとケンカしないように探る。



50あるなし。

ここで、もう一発60クラスを掛けるも、この日初のバラシ・・・

そして、このバラシが原因なのか、不毛な時間が一時間ほど発生することに。


ソコリをやり過ごせば、再び流れ。

手元に出る微細な反応を思い切りアワセる。



70には届かないサイズ。MSでの超強引ファイトが実に楽しい。


そして、上げ始めに再度浅場に入り直す。すると・・・



60半ば。カッコイイ魚体。

毎度のパターンで追加。



またもやサイズダウン。

これで終了しようかと思ったのですが、もう一投だけと。


ジャークを入れ、止めた瞬間微かに糸が張る。

渾身のフッキングでヘッドシェイク。確実に今日イチ。

少しばかし大事にやって無事ネットイン。



〆は76のプリ。


結局、二桁安打。

寝坊も悪くないなと。もとい、早起きは苦手・・・。


Tackle
Rod:MSS892
Reel:STELLA
Line:#1.2
*毎度の長文・駄文失礼致しました。

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

10月21日釣行。
9 時間前
BlueTrainさん

ビッグベイトとDCリールの関係性
9 時間前
柳竿 シンゴさん

邪道チニング(爆)
22 時間前
rattleheadさん

上からレンジを刻むヒラメ釣り 
3 日前
ケンスケさん

遠くで根魚狙ってみた。オマケ…
4 日前
ワカメマニアさん

自身のスズキ釣りにインパラが…
6 日前
平田孝仁さん

タックル選びの難しさと楽しさ
7 日前
有頂天@さん

D(ダシ)ー1 グランプリ(笑)
9 日前
西村さん

一覧へ