プロフィール

RYO

その他アジア

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/1 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:35
  • 総アクセス数:149207

QRコード

ガボッツ90について

你好。皆さん、こんにちは。
台湾在住のRYOです。

久しぶりの休日を利用して、プライベートフィッシングに出掛けてきました。
日頃から毎日のようにガイドで釣り場へ出掛けていますが、私がお客様と一緒に釣りをする事は無く、レクチャー・アドバイスに徹しています。

プライベートとはいえ、時間も限られているので釣り場はバラマンディの管理釣り場ですが…
そんな訳で、久しぶりの釣りに選んだルアーがBlueBlue/ガボッツ90。

43g86mxmxktbssp6omx9_920_690-b49857b2.jpg

久しぶりにレポート的な真面目な内容のログを書きたいと思います。
こんな感じのレポートを書くのは何年振りだろうか(汗)

正直言うと、以前まではソルト系ポッパーを使用する事はありませんでした。
理由としては、細身形状のルアーが多く、左右へのドッグウォーク操作がやりにくく、強いポッピングアクションをすると前方へ転がってしまい、波風が強い時の使用がとてもストレスなルアーが多かったからです。

その点、ガボッツ90はドッグウォークがやりやすく、強めのポッピングをすると水面下に潜り、更には水面下での「喰わせの間」を作る事も可能です。
更にガボッツ90は、前方への水柱。すなわち「ウォータースプラッシュのドーム」が大きく長いの特徴です。
これは魚に見切られにくい印象で、ルアーに水の幕で覆われるので、物体をボヤかせる(騙しやすい)効果もあるかと思います。

特に気に入っているのが「巻きジャーク」と呼んでいるアクションです。
ドッグウォーク操作が難しい水面の波風が強い状況で効果的で、更にはロッド操作でドッグウォークが苦手な方にお勧めのアクションです。
移動距離を少なくさせて、なおかつ確実にスプラッシュ&ドッグウォークをさせられる操作方法です。

水面直下のミノー的な攻め方も可能なので、他のトップウォータールアーに比べて、有効レンジの幅が広く、一日中使えるルアーです。
ただ巻きでも釣れちゃうのが良いところですね。

7tp65cfekkfuh8t495gb_920_690-e4124210.jpg

使い方は2種類で「強く短くハンドル1回転」これだけで、水面ダイブしながら、前方へスプラッシュが出せます。
もう少し波風が強い場合は「強く短くロッドティップで下段方向へジャーク」
大切なのは、1アクション毎に強弱を付けて、テンポやリズムに変化をつける事が大事です。
いずれも、移動距離を短くする事が可能なので、より繊細に攻める事が可能です。
※少し分かりにくいので、また動画にてご説明させて頂きます。

93a3r784hvsr8gamujuc_690_920-795f9c4b.jpg

私が普段から組んでいるラインシステム、PE3号/ナイロンリーダー60lbですが、11gの小さなボディにも関わらずストレス無くロングキャスト可能な点も気に入っています。

54nwtmte5amanfoz5zi7_690_920-f3bc58e3.jpg

ガボッツ90は、ポッパーやトップウォータールアーが苦手な入門ルアーとしてお勧めです。
ガイドのお客様も初挑戦でもすぐに使い方に慣れて魚をキャッチ出来ています♬

z966rmdpe8ryngo4mr8z_920_690-fe074037.jpg

良い事ばかり書くと宣伝的な嘘っぽくなりますので、私なりの感想も最後に。
ルアーは万能ではないので、使用状況や使用タックルやアクション方法で使い方や動きが変化します。
私のようにヘビーアクションロッドで、太いラインシステムで操作するには、ガボッツ90のように細身の小型ポッパーは少々扱いにくいのが事実です。
そう言う状況には「自分好みに簡易改造」する事をお勧め致します。
改造というと手の込んだ風に聞こえますが、1番簡単なのは、フック・リングのウエイトバランスで浮き姿勢やバランスを若干調整する事。

もう1つは板オモリを貼り付けて、大きく姿勢とバランスを調整する事。

早い動きの高速ドッグウォークアクションが苦手なルアーなので、その点も調整すれば改善されます。


余談ですが、以前、台湾でBlueBlue代表の村岡さんとの釣行の際も、開発者の村岡さんの目の前で板オモリを貼り付けて使用していたくらいです(汗)まぁまぁKYですよね…(汗)

とにかく、その時その場の状況に柔軟に「使いやすく」「その時に」合わせる事が大切です。

そんな感じで、数時間使っただけのガボッツ90はボロボロなるくらいに高反応な1日でした。

最大魚の目測7kgクラスのバラマンディには、フロントフックアイが曲げられて、平打ちスプリットリングも異常な形に変形させられて、逃してしまったのが悔やまれます(涙)

dzccutwvjr636cjmf7or_920_690-f4e974f0.jpg

シーバスだけでなく、バラマンディ、ブラックバス釣りにも私は使っています。
是非ともボックスに1個あるだけで多彩な使い方出来るスイミングポッパー/ガボッツ90を色々な釣り場へ持って行く事をお勧めします♬

ルアーには使い方や制限がありません。
メディアの情報を鵜呑みにせず、自分なりの使い方を探してみるのもお勧めです。

特にポッパーやトップウォータールアーが苦手な方にお勧めなルアーです。

みなさんも楽しい釣りをしてください。




iPhoneからの投稿

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

固い水とスナップ
23 時間前
有頂天@さん

ロッド自作の反省点
1 日前
rattleheadさん

色落ちしたキャップを染めてみた
3 日前
ワカメマニアさん

スキッドスライダー95Sってど…
4 日前
登石 直路(nao)さん

グランデージc80h インプレ
4 日前
ひびき さん

釣りの本質の話
7 日前
西村さん

新年のご挨拶と去年のラスト釣果
7 日前
渡邉 雄太さん

タングステンジグヘッド導入の…
8 日前
ケンスケさん

一覧へ